(PR)

世界的庭園デザイナー石原和幸氏がプロデュース ペットと一緒に入れる樹木葬が誕生 小田原市東町 道場院「小田原庭苑」

掲載号:2021年5月1日号

  • LINE
  • hatena

 小田原市東町の道場院に樹木葬「小田原庭苑」がオープンした。四季折々の花や緑に囲まれた、まるで洋風庭園のような明るいお墓だ。

 昨今は「ペットも一緒にお墓に入りたい」という人も多いという。「大切な家族が亡くなったらきちんと供養したい」という気持ちは、人間もペットも同じだ。そこで、道場院ではペットも一緒に入れる新しい形の樹木葬を整備。ひとりや夫婦、家族でお墓に入れるのが魅力だ。植栽は日本を代表する庭園デザイナーの石原和幸さんが監修。宗旨宗派は不問。どなたでもお求め頂ける。

 墓苑がある道場院は、1460年に室町時代に新宿町に開創され、江戸時代初期に現在地に移転。震災など幾度も被害を受けながら都度復興し現在に至る。本堂前の「聖観音菩薩像立像」は、とてもやさしいお顔をされていることから、檀家さんはもとより、地元の方々から慈愛に満ち溢れた観音様として親しまれている。また「足柄三十三ヶ所観音霊場」の第18番札所でもあり、堂内には馬頭観音が祀られている。

 「承継者不足により維持ができず無縁墓が増加し、墓じまいをする人も増えています。その悪循環を少しでも解決したい」と道場院の都築住職。見学予約、資料請求などもお気軽に。

道場院 小田原庭苑

神奈川県小田原市東町1の30の30

TEL:0120377676

https://anchorage.co.jp/odawara/

瀬戸建設 SDGs宣言

住み続けたくなるまちづくりに貢献するため、SDGsの達成に尽力します。

http://www.setoken.co.jp

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のピックアップ(PR)最新6

地域の暮らしに寄り添う総合エネルギー企業

おだわらSDGs実行委員長としても尽力

地域の暮らしに寄り添う総合エネルギー企業

小田原ガス株式会社

6月12日号

自販機で「ふるさと米」

知られざる美味しさ身近に提供

自販機で「ふるさと米」

小田原紙器工業株式会社

6月12日号

二次相続も見据え対策を

相続で困らないために

二次相続も見据え対策を

 共催/三井住友信託銀行 積水ハウス 協力/フジサンケイ企画

6月12日号

運ぶのは「信頼」

経済のライフラインを支え続ける

運ぶのは「信頼」

松下運送有限会社

6月12日号

カーボンニュートラルへ再エネ活用

CO2削減目標を上方修正

カーボンニュートラルへ再エネ活用

横浜銀行

6月12日号

1回の採血で部位別に「がんリスク」を判定

あっとほーむデスク

  • 6月5日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

  • 5月22日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter