神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

(PR)

完全循環型生産を実現・拡大中 「全事業で、ダイレクトに地球環境に貢献する」 パナック工業株式会社

公開:2021年6月12日

  • X
  • LINE
  • hatena

 中堅・中小企業として県内初の環境ISOを取得するなど、地球環境への意識が高いことで知られるパナック工業株式会社(開成町、中村昌一郎社長)。

 独自の技術で行う樹脂リサイクル、樹脂原料製造、そしてフイルムの表面加工といった全事業がダイレクトに地球環境に貢献している。

 「およそ50年以上前から、富士フイルム様のご指導を頂きながら、事業、技術、意識等を包括的に育てて来られたのが大きい」と中村社長。製品落ちしたフイルム類に独自の洗浄技術を施し、最高グレードの光学用途にも再利用可能な完全循環リサイクルが中核事業。主な用途としてはスマートフォン、TV、タッチパネル内部のフイルム、部材など最先端の電気製品群がある。

 同社が標榜するのは循環型生産、それも「完全型循環生産」だ。これが世の中で広く実現していけばCO2削減、省資源、省エネ等はもちろん、循環の環から漏れた「マイクロプラスチック」といった諸問題も同時に解決出来る可能性を秘めている。

 近年、完全循環に加えそのプラスチックに色々な機能、性能を追加して生産する事業を開始している。もともと、鉄・金属類の素材に比べ軽い、腐らない、加工しやすいといった強みを持つプラスチック。今後の事業活動で、その利用可能性が世の中に拡大していくことが期待されている。

 中村社長は「幸い事業面に於いては既にSDGs思想を実行中と言えるが、残りの諸項目でも早急に同一レベルに追いつくことが肝要。ついては、折角の世の中のSDGsの流れを思い切り取り込んで行きたい」と話している。

※横に表示されている数字のアイコンは、SDGsの17の目標のうち、同企業の取り組みに該当する項目を一部掲載したものです
※横に表示されている数字のアイコンは、SDGsの17の目標のうち、同企業の取り組みに該当する項目を一部掲載したものです

パナック工業株式会社

神奈川県足柄上郡開成町吉田島4301

TEL:0465-86-0080

http://www.panac.jp/

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のピックアップ(PR)最新6

9月開校を前に説明会・体験会

「こどもの夢と未来舎」が新たに小学生対象のジュニアスクールなど

9月開校を前に説明会・体験会

こどもが選んで学ぶ教育、アウトドアをベースにした教育

7月13日

『賢いスマホ活用』のサポート充実

お得プランや特別クーポンなど用意「気軽に店頭へ」

『賢いスマホ活用』のサポート充実

7月13日

学校説明会に茂木健一郎氏と竹内薫氏が登壇

「小田原初のインターナショナルスクール」25年春開校

学校説明会に茂木健一郎氏と竹内薫氏が登壇

参加申込みは《関連リンク》の「学校説明会申込みフォーム」から

7月13日

「幻の湘南ゴールド」が-

「幻の湘南ゴールド」が-

新登場 バウム&ラングドシャ

7月13日

長茄子

金城院長の徒然話「先生おしえて」68

長茄子

7月13日

小田原駅すぐ、小路を入った新イタリアン「LEGALO」が良かった!

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月13日0:00更新

  • 6月29日0:00更新

  • 6月15日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 1/Fゆらぎ

    元セリエA記者・佐藤貴洋がFリーグ解析

    1/Fゆらぎ

    1/fゆらぎのような「五感に響く心地よさ」をFリーグで

    7月13日

  • 1/Fゆらぎ

    元セリエA記者・佐藤貴洋がFリーグ解析

    1/Fゆらぎ

    1/fゆらぎのような「五感に響く心地よさ」をFリーグで

    7月6日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook