小田原市 マンホールにガンダム登場 独自図案で2カ所に設置

社会

掲載号:2021年7月24日号

  • LINE
  • hatena
設置されるマンホール。小田原城の前に立つガンダムと、「小田原漁港から上陸した」という設定の水陸両用のシャア専用ズゴックが描かれている
設置されるマンホール。小田原城の前に立つガンダムと、「小田原漁港から上陸した」という設定の水陸両用のシャア専用ズゴックが描かれている

 国民的人気アニメ『機動戦士ガンダム』のオリジナルデザインのマンホールが小田原市に設置される。新たな観光スポットとして注目を集めそうだ。

 機動戦士ガンダムは、1979年にテレビ放映が開始されたロボットアニメ作品。現在もシリーズ作品が発表されるなど、世界中に熱狂的なファンを持つ。

 同シリーズの商品を手掛けるバンダイナムコグループが世代を越えたガンダムファンとの絆を表すため、オリジナルデザインのマンホールを設置する「ガンダムマンホールプロジェクト」を企画。同作品の生みの親である富野由悠季(よしゆき)さん(79)が小田原市出身であることから、第1号として7月17日に小田原市に寄贈された。

 絵柄は作中で主人公アムロが操るモビルスーツ「ガンダム」と、そのライバルのシャアが搭乗する水陸両用の「シャア専用ズゴック」の2種類。小田原城や小田原漁港のちょうちん灯台も描かれ、小田原独自のデザインが特徴となっている。

 7月31日(土)まで小田原城天守閣で特別展示(天守閣入場料が必要)したあと、8月1日(日)から「ガンダム」はダイヤ街商店街内に、「ズゴック」は小田原漁港に設置される予定だ。

 寄贈に併せて富野さんは「小田原ふるさと大使」に就任した。大学卒業後に虫プロダクションに入社し、TVアニメ『鉄腕アトム』などの演出のほか、監督として『機動戦士ガンダム』など多くの作品を手掛けてきた。「SFの世界観を描く時にも、その元に小田原があった」と故郷への思いを語った。
 

富野さん(左)と守屋輝彦小田原市長
富野さん(左)と守屋輝彦小田原市長

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

「小田原留学」で人材育成へ

「小田原留学」で人材育成へ 教育

学生視点で活性化策 提言

9月18日号

紙・デジタル2本立て

プレミアム付商品券

紙・デジタル2本立て 経済

小田原市 発行額7億6千万円

9月18日号

「高潮浸水」想定図を初作成

小田原市

「高潮浸水」想定図を初作成 社会

区域、水深を明示

9月11日号

コロナ 自宅療養者をケア

コロナ 自宅療養者をケア 社会

医師会、看護師ら連携

9月11日号

小田原三の丸ホールが開館

小田原三の丸ホールが開館 文化

9月5日 記念事業も

9月4日号

コロナ対策に約11億円

小田原市9月補正予算

コロナ対策に約11億円 政治

デジタル整備、商品券など

9月4日号

あっとほーむデスク

  • 9月18日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林の魅力 満喫する1日

小田原市いこいの森

森林の魅力 満喫する1日

10月2日(土)に人気イベント「きまつり」

10月2日~10月2日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook