小田原三の丸ホールが開館 9月5日 記念事業も

文化

掲載号:2021年9月4日号

  • LINE
  • hatena
小田原三の丸ホール
小田原三の丸ホール

 小田原の新しい文化・芸術拠点として、「小田原三の丸ホール」(大石時雄館長=人物風土記で紹介)が小田原市本町に9月5日(日)に開館する。5日のオープニングセレモニーを皮切りに、さまざまな開館記念事業が予定されている。

 三の丸ホールは地上4階、地下1階で延べ床面積約8千5百平方メートル、市民会館と同規模の大ホール(1105席)と小ホール(296席)を中心に、ギャラリーやスタジオなどを整備。隣接する小田原市観光交流センターとも連携し、「新しいにぎわいの拠点」として期待されている。

 5日午前11時から行われるオープニングセレモニーは、守屋輝彦小田原市長らによるテープカットのほか、小田原鳶職組合による木遣りや纏振りなどが予定されている(一般見学も可能)。5日から11日(土)までは館内を自由に見学できる「市民内覧会」を実施する(予約不要、感染予防対策あり)。来場者には、開館を記念したグッズを数量限定でプレゼントする。大ホールホワイエでは応募された緞帳デザイン作品19点も展示する予定だ。

 市民200人を招待する12日(日)の大ホールのこけらおとし公演には、現在美術作家で小田原ふるさと大使の杉本博司氏が企画、舞台構成をする「三番叟(さんばそう)『神秘(かみひそみ)域(いき)』」に、狂言師・野村萬斎氏が出演し祝儀の舞を披露する(招待は抽選済)。

 また、小田原市民会館を活動拠点としていた団体による「市民優待企画事業」も進んでいる。

 小田原市民ホール整備事業は、1986年度策定の市総合計画内で市民会館の建て替え検討が位置付けられスタートした。2005年度策定の「(仮称)城下町ホール基本構想」を経て、10年度に「市民ホール基本構想」を策定。建設工事費73億円弱で15年度に実施した入札が不調。16年度に建設費63億円を上限に、設計・施工一括発注するデザインビルド方式に転換するなど紆余曲折があった。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

腕時計端末で療養者支援

真鶴町・医療系2団体

腕時計端末で療養者支援 社会

自宅での計測値データ送信

10月16日号

「西側区域」整備へ

鬼柳・桑原地区工業団地

「西側区域」整備へ 経済

市が方針「企業誘致を推進」

10月16日号

牧島かれん氏が初入閣

牧島かれん氏が初入閣 政治

デジタル大臣に就任

10月9日号

エヴァ×箱根が金賞

アニメと異業種コラボ表彰

エヴァ×箱根が金賞 文化

観光による地方創生に評価

10月9日号

再エネ消費をクーポンに

小田原市と湘南電力ら

再エネ消費をクーポンに 経済

地域循環の仕組み構築

10月2日号

事業所に交付金20万円

箱根町コロナ対策

事業所に交付金20万円 経済

アンケート踏まえ独自給付

10月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook