1市3町 2,270人が新成人に 小田原、真鶴で前年比増

社会

掲載号:2022年1月8日号

  • LINE
  • hatena
会場に集う成人たち(昨年・湯河原町)
会場に集う成人たち(昨年・湯河原町)

 小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町で、2270人が新成人を迎える。前年度比較で、小田原市は73人増、真鶴町は7人増となった。

 今年度の新成人は、2001年4月2日から02年4月1日生まれ。小田原市は1862人(21年11月1日時点)、箱根町は127人、湯河原町は216人、真鶴町は65人(21年12月27日時点)。

 小田原市では、神奈川県統計調査条例に基づき、1976年から毎年1月1日を基準に年齢別の人口を集計している。同資料によると、20歳の人口は1990年代をピークに減少傾向にあるが、今年は5年ぶりに増加の見込みとなっている。真鶴町でも昭和50年代以降減少が続いていた(町担当者)が、今年は増加見込みだ。箱根町、湯河原町の20歳人口は、減少傾向が続いている。

 昨年度、小田原市の成人式は、新型コロナ感染拡大の影響を受け、オンラインでの開催となっていた。小田原市では、初の三の丸ホールでの開催に向けて、3町でも例年通り各会場での開催に向けて、実行委員会=中面で紹介=を中心に式典の準備が進められてきた。

成年年齢引き下げ

 成年年齢は1876年以来20歳とされてきたが、22年4月1日から施行される民法改正により、18歳に引き下げられる。民法改正後の成人式の在り方や時期は、各自治体の判断に委ねられる。小田原市では従来通り、年度中に20歳を迎える人を対象に、節目を祝う式典を開催するとしている。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

初制覇へ「アツマーレ」

ベルマーレフットサル

初制覇へ「アツマーレ」 スポーツ

22日に開幕イベント

5月21日号

地域の「宝物」動画に

小田原箱根商議所

地域の「宝物」動画に 文化

ラグビーW杯、オリパラ契機

5月21日号

小田原市 採択額全国2位

デジ田推進交付金

小田原市 採択額全国2位 政治

防災、観光分野などで活用

5月14日号

旧内野醤油店、利活用へ

小田原市

旧内野醤油店、利活用へ 社会

公有化で地域活性を促進

5月14日号

2030年への道筋示す

小田原市

2030年への道筋示す 政治

新総合計画がスタート

5月7日号

新シーズンへ組織変革

ベルマーレフットサル

新シーズンへ組織変革 スポーツ

発足15年 さらなる進化へ

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月21日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook