箱根寄人(よせびと)プロジェクトのリーダーを務める 原 健一郎さん 箱根町在住 48歳

掲載号:2022年1月15日号

  • LINE
  • hatena

懐の広さ、未来につなぐ

 ○…箱根旧街道の旅館や飲食店など6社を中心に展開している「箱根寄人プロジェクト」。寄木細工のように「人の心を寄せていきたい」と2年前から準備を進めてきた。30〜70代のメンバーが集い、第1弾として昨年、6カ所に給水スポットを設置。マイボトルを持って歩く人に「箱根の水」を提供しており、行政や観光協会も応援するプロジェクトに発展した。コロナ禍で利用する観光客はまだ少ないが、「身近に体験できるSDGsとして、地域で育ててもらえる活動にできたら」と目を輝かせる。

 ○…祖父母が経営する湯本茶屋の旅館「雉子(きじ)亭 豊栄荘」を継ぐ決意をしたのは28歳の時。横浜国立大学で建築を学び、設計の仕事や高齢者福祉に関わるなかで、転機となったのは図書館で手にした『バリアフリーの旅を創る』という一冊だった。「旅は最高のリハビリ。旅館の仕事は旅人に希望を提供できるのではないか」。幼い頃に海外生活で感じた多様性や大自然との出合いとも合致し、人生の目標がパッと開けた瞬間だった。

 ○…都内から箱根に生活の場も移し、33歳で社長に就任。「箱根のことをもっと知りたい」と、地域の美化パトロールの活動に参加している。人とのつながりを通して強く感じたのは、箱根八里の旧街道に根付く「おもてなしの心」。旅人を温かく迎えてきた宿場文化こそが、プロジェクトの原動力になったという。

 ○…休日は妻と2人の娘と一緒に、美術館やカフェ、温泉に足を運ぶなど、家族で箱根を楽しんでいる。公私ともに大切にしている精神は「もったいない」を生かすこと。旅館の敷地にバイオマスボイラーを設置するなど、持続可能性にも取り組む。「豊かな自然を守り、懐の深い箱根を未来へつないでいきたい」

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

大川 肇さん

伝統小田原漆器組合の組合長を務める

大川 肇さん

小田原市南板橋在住 65歳

5月28日号

山本 俊明さん

湯河原町議会の第44代議長に就任した

山本 俊明さん

湯河原町吉浜在住 43歳

5月21日号

牧野 澄世さん

2022年度小田原箱根商工会議所青年部(YEG)会長に就任した

牧野 澄世さん

小田原市早川在住 49歳

5月14日号

佐藤 伸也さん

(株)湘南ベルマーレフットサルクラブの代表取締役社長に4月、就任した

佐藤 伸也さん

藤沢市在住 45歳

5月7日号

纐纈(こうけつ) 仁志さん

4月1日付で真鶴町の教育長に就任した

纐纈(こうけつ) 仁志さん

小田原市浜町在住 60歳

4月30日号

小室 充孝さん

神奈川県弁護士会県西支部長に就任した

小室 充孝さん

小田原市久野在住 57歳

4月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月28日0:00更新

  • 5月21日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook