市政報告 小田原市の有機農業とSDGs 小田原市議会議員 井上まさひこ

掲載号:2022年3月26日号

  • LINE
  • hatena

 2030年に有機農業の比率を25%に高めるという欧州連合(EU)を始め、全世界が持続可能な農業を目指す方向へ動いており、米国も、中国も積極姿勢を見せています。農林水産省も、令和3年5月策定の「みどりの食料システム戦略」において、主要な品目について農業者の多くが取り組めるよう次世代有機農業に関する技術を確立し、2050年までに有機農業の取り組み面積の割合を25%に拡大することを目指す、と明記しています。

 小田原市は、有機農業耕作面積、販売金額とも県内1位であり、県内唯一の有機農業モデルタウンとして選定され、現在28名の農業者が、有機農業を推進しています。有機農業は化学肥料、化学農薬の使用削減による水質汚染防止、適切な土壌管理により気候変動の抑制につながる等でSDGs(持続可能な開発目標)とも紐付けされています。

 令和4年度予算特別委員会において質疑を行い「現在も様々な協力を行っているが、今後も有機農業者、有機農業関係団体と一緒になって有機農業を推進していく」と市側からの答弁もありました。地味ですが未来につながる施策に対しても、これからも活動していきます。

マツダ小田原店

マツダの新しいクロスオーバーSUV 9月販売開始/予約受付中

http://www.mazda-odawara.com/

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の意見広告・議会報告最新6

「共生社会」実現に向けての課題解決

意見広告

「共生社会」実現に向けての課題解決

小田原市議会議員 川久保 昌彦

7月2日号

「美食のまち」に期待

新しい小田原へ 意見広告

「美食のまち」に期待

 小田原市議会議員 大川ゆたか

7月2日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月18日号

浅尾慶一郎氏と、小田原を語る

浅尾慶一郎氏と、小田原を語る

県議会議員 自民党 おざわ良央

6月18日号

浅尾慶一郎氏と、国と県西の地域振興を語る

浅尾慶一郎氏と、国と県西の地域振興を語る

 県議会議員 自民党 高橋のぶゆき

6月11日号

近況報告「育てる日々」

意見広告

近況報告「育てる日々」

前小田原市長 加藤 憲一

5月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月2日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年7月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook