神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

小田原市自治会総連合の会長に就任した 関野 次男さん 小田原市南鴨宮在住 78歳

公開:2024年6月8日

  • X
  • LINE
  • hatena

「皆が協力し、地域の充実を」

 ○…小田原市にある250の自治会、それがエリア毎にまとまった26地区の連合会から成る自治会総連合。「コミュニティーの充実こそ住みよいまち」との考えの下、4年の副会長を経て地域活性の旗振り役の先頭に。「組織が掲げてきた”明るく暮らしやすい地域づくり”を微力ながら進めていきたい」と控えめながらも思いは強い。

 ○…南足柄で生まれ、結婚を機に小田原へ。食品会社定年後に冷凍食品の卸会社を起業した。アクティブに過ごしていた50代後半、南鴨宮2区自治会役員の誘いを受けた。「仕事もあり近所の顔もよく分からないし、最初は乗り気じゃなかった」。前向きでなかった活動参加だったが、通学見守りや美化清掃に励むうちに「地域からの感謝が心地よくて」と考えは一変。仕事がひと区切りしてからは児童の夏休みラジオ体操復活、世帯が増えた富士見地区で連合会を立ち上げるなど精力的な活動を続ける。

 ○…ごみ問題があればネットや鍵を調達し、街路に木々が茂れば行政に相談を持ち掛ける。かつて趣味だった釣りや山巡りは休止中だが「足腰と頭は元気でいられる」と大きく笑う。家族の理解を聞くと「実は自治会の誘いは、妻から『30年も住んで何もやらないの?』って言われて受けたんです。だから忙しくても何も言われませんが、飲み過ぎて遅く帰るときはさすがに怒られますね」と肩をすぼめる。

 ○…自治会活動は担い手の問題などもあり、課題も多い。「一人の力でなく、地区連合会や自治会のみなさん、行政と協力や連携していくことが大事」。活動参加により感じた、地域の輪や将来を担う青少年育成の大切さ。「明るいまちづくりを盛り上げるのが自治会だから、減少は絶対に阻止したい」と前を向く。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

竹縄 謙史さん

小田原市立中央図書館の館長に就任した

竹縄 謙史さん

小田原市城山在住 55歳

7月20日

伊藤 隆夫さん

一般社団法人日本ラウンドダンス協会会長を務める

伊藤 隆夫さん

小田原市本町在住 69歳

7月13日

勝俣 隆さん

長崎大学名誉教授で、『七夕伝説の謎を解く』を上梓した

勝俣 隆さん

小田原市北ノ窪在住 72歳

7月6日

鈴木 圭一さん

アナログゲーム「ちょっとずつ違う」シリーズの制作を手掛ける

鈴木 圭一さん

小田原市入生田在住 47歳

6月29日

岸 幸雄さん

下中たまねぎの農業体験を提供する「オーナー園部会」の部長を務める

岸 幸雄さん

小田原市小竹在住 51歳

6月22日

辻村 百樹(ももき)さん

辻村農園・山林の8代目当主で、株式会社T-FORESTRYの代表取締役を務める

辻村 百樹(ももき)さん

東京都在住 67歳

6月15日

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月20日0:00更新

  • 7月13日0:00更新

  • 6月29日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ビーチカルチャーを発信

小田原サーフィン協会

ビーチカルチャーを発信

御幸の浜でイベント

7月28日~7月28日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 1/Fゆらぎ

    元セリエA記者・佐藤貴洋がFリーグ解析

    1/Fゆらぎ

    1/fゆらぎのような「五感に響く心地よさ」をFリーグで

    7月13日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook