足柄版 掲載号:2016年7月30日号 エリアトップへ

南足柄 千羽鶴に思いそれぞれ 保育園、幼稚園児と小中学生

教育

掲載号:2016年7月30日号

  • LINE
  • hatena

 南足柄市の子どもたちが、平和への想いや交通安全への祈りを込めて千羽鶴を作った。それぞれ加藤修平市長と鎌田耕造松田警察署長に手渡した。

 次世代を担う子どもたちに戦争について学び、平和な世の中を思う心を養ってもらおうと南足柄市はおよそ30年前から市内小中学校と市民を対象にした「平和を願う折鶴事業」を行っている。今年は過去最高の14万羽の鶴が集まった。

 19日に市役所を訪れた南足柄小、岡本小、岩原小、岡本中の児童生徒14人は加藤市長に千羽鶴を託した=写真上。澤田諒さん(南足柄小6年)は「1年生から6年生でグループになり、教えあいながら作った。これから授業で太平洋戦争について教わるのでしっかり勉強したい」と話した。

 千羽鶴は25日に、平和式典が行われる広島市と長崎市にそれぞれ送る。

 華綾幼稚園と華綾保育園では3歳児から5歳児までの267人が保護者と鶴を折った。この活動は南足柄市交通安全母の会が主催。両園では30年以上前から続けている。

 今年も約3千羽を折り「おうだんほどうをわたります」などと書いた短冊を付けて千羽鶴にした。22日に園児6人が代表して松田署に届けた=写真下。

 鎌田署長は「今年は事故が多いので、交通道徳の啓発に大変役に立つ。大切に飾りたい」と話した。

 松田署管内で今年1月から7月21日までに発生した交通事故の発生数は210件で、昨年の同時期よりも35件多い。負傷者も増加しており、68人増の275人。

足柄版のローカルニュース最新6

園庭が天然芝に

園庭が天然芝に 社会

JFAの事業を活用

4月17日号

自由な木々に囲まれて

記者のまちあるき

自由な木々に囲まれて 社会

4月17日号

劇団蒼天の花が発足

劇団蒼天の花が発足 社会

8月の上映目指す

4月17日号

色濃く赤い食用八重桜

色濃く赤い食用八重桜 社会

大井町から横浜・川崎へ

4月17日号

統合の交番、板囲い

統合の交番、板囲い 社会

解体時期などは未定

4月17日号

防災啓発で10周年

開成町 たんぽぽ

防災啓発で10周年 社会

4月17日号

あっとほーむデスク

  • 4月17日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

  • 4月3日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter