足柄版 掲載号:2017年2月25日号 エリアトップへ

杉本県議 黒岩知事と論戦 ふるさと納税や足上病院など

政治

掲載号:2017年2月25日号

  • LINE
  • hatena
黒岩知事(右下)に質問する杉本県議(左下)
黒岩知事(右下)に質問する杉本県議(左下)

 第1回定例会(2月13日〜3月24日)を開会中の神奈川県議会は、2月15日から17日まで各会派による代表質問を行った。足柄上郡選出の杉本透県議が自民党の代表として黒岩知事の政治姿勢や県政の重要課題の方針などをただした。

 杉本氏は、公共施設等総合管理計画や動物保護センター建設基金、社会福祉の新拠点整備、戦略的広報の4項目について知事の政治姿勢を問い、地方創生と鳥獣被害対策の強化、県立病院機構の目指す方向性、観光産業の発展、商店街活性化の5項目の進捗状況などについて知事に質問した。

 県が民間からの寄付金を財源に2019年度の開設をめざす「神奈川県動物保護センター」(平塚市土屋)建設計画では、ふるさと納税による寄付についてチラシを作成して県内各地で呼びかける知事の姿勢について「ふるさと納税による寄付の呼びかけては県税収入が減る。自治体への影響も懸念される。もっと県外に向けてPRするべきではないか」と指摘。黒岩知事は「制度を通じて動物愛護の施策をPRしていく必要がある」とした。

 地方独立行政法人が運営する足柄上病院については「足柄上地域の自治体などが参加する、あり方検討会(仮称)」の早期設立を強く求めた。知事は「地域と共に考えていくことが大切で”会議”にはこだわらず意見交換している」などとした。

 県議会の代表質問には自民、民進、公明、共産など6会派から8人が登壇した。49人が所属する自民党からは杉本氏ら2人が質問に立った。第1回定例会は3月24日まで17年度当初予算案などを審議する。

足柄版のローカルニュース最新6

空き家にしない相続

空き家にしない相続 社会

松田町でセミナー

1月29日号

市立学校の庁務員募集

女性弁護士の法律相談

女性の未病学ぶセミナー

2022新体制を発表

湘南ベルマーレ

2022新体制を発表 スポーツ

1月29日号

地元酒蔵の魅力一冊に

地元酒蔵の魅力一冊に 社会

神奈川新聞の連載書籍化

1月29日号

あっとほーむデスク

  • 1月29日0:00更新

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook