足柄版 掲載号:2017年8月19日号 エリアトップへ

初めて開花 リュウゼツラン

社会

掲載号:2017年8月19日号

  • LINE
  • hatena
茎が伸びて花を咲かせたリュウゼツラン(左は古瀬さん)=8月9日撮影
茎が伸びて花を咲かせたリュウゼツラン(左は古瀬さん)=8月9日撮影

 山北町平山の古瀬晴雄さん(65)のみかん畑でリュウゼツランが茎を伸ばし、黄色い花を咲かせている。

 メキシコ原産のリュウゼツランは数十年、花が咲かないため「センチュリープラント(世紀の植物)」ともいわれる。根の部分の搾り汁を発酵させ蒸留、熟成させるとテキーラになる。

 古瀬さんによると、1981年に70歳で他界した父・行雄さんが植えた。「50年以上は経っていて、株も葉も大きくて何度も切ろうと思った」が、今年6月に「太いアスパラのような茎」が出てくると、タケノコのようにぐんぐんと伸び、7月末に花が咲いた。

 茎の高さは8メートルで花が咲くと枯れる。古瀬さんは「まさか花が咲くとは」と、リュウゼツランの急成長に目を丸くしている。

足柄版のローカルニュース最新6

平和の「音色」届け

平和の「音色」届け 社会

開成でチャリティー演奏

5月21日号

山北町が学生等に給付金

伝承碑から災害を学ぶ

伝承碑から災害を学ぶ 教育

5月28日講演会

5月21日号

増築の新園舎お披露目

酒田みなみの保育園

増築の新園舎お披露目 社会

5月21日号

中央公園で開園イベント

障がい者の働く機会応援

憲章Tシャツ

障がい者の働く機会応援 社会

売上の一部が工賃に

5月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook