足柄版 掲載号:2017年12月2日号
  • googleplus
  • LINE

開成駅周辺 ムクドリ被害にタカ起用 鷹匠に駆除依頼、効果てき面

社会

鷹匠の田中さんとタカの「大黒(だいこく)」(メス2才)=開成駅東口
鷹匠の田中さんとタカの「大黒(だいこく)」(メス2才)=開成駅東口
 開成駅を挟む東西の街路樹に飛来するムクドリを追い払うため、開成町役場が今年8月からタカによる追い払いに取り組んできた。11月24日には最終の作業があり、静岡県浜松市からやってきた鷹匠の田中実さん(42)=株式会社鷹匠社長が猛禽類のタカを使った駆除を2時間ほど行った。

 群れをつくり毎年6月ごろに飛来するムクドリは、駅周辺の街路樹をねぐらにしている。夏から秋にかけて辺りの木にすみつき、駅の利用者や買い物客が大きな鳴き声とフンによる悪臭被害などを訴えていた。

 昨年12月には星野洋一町議(60)が議会でこの問題を取り上げ、景観を損ねずにムクドリを追いやるタカによる駆除を提案。町もムクドリのねぐらとなっている樹木の剪定を定期的に実施していたが「効果には限界があり、剪定による力環境の影響も考慮する必要がある」とし、タカによる駆除を検討していた。

 こうしたなか2017年度当初予算に町が80万円の駆除費を計上し、千葉県我孫子市の実例をもとに鷹匠の田中さんに白羽の矢を立てた。

 8月から全8回の作業を見守った町の職員は「作業前は群れで空が黒くなる異様な光景が当たり前だったが群れの数は目に見えて減った。作業中に駅の利用者から感謝の言葉をかけてもらった」と話していた。

足柄版のローカルニュース最新6件

山地酪農で「本来の姿に」 島崎薫さん

山北と川崎の“水源地関係” 未来の酪農家が懸け橋に

山地酪農で「本来の姿に」 島崎薫さん

2月17日号

「ウェルキャブ」市に寄贈

”幸せの電車”公開

キャッスルズ40年

小中学生が景観を描く

政治団体を発足

開成町 山神氏

政治団体を発足

2月17日号

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

松田町で43年の寿司屋

2月からバリエーション豊かなランチ開始!

http://www.matsuda-matsuzusi.com/

地質学的ドラマを巡る講座

南足柄市の文化遺産を紹介し、活用し、継承していくためのプロジェクトです。

http://ashigara-web.sakura.ne.jp/bunka/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

3校合同演奏会

3校合同演奏会

南足柄市で25日(日)

2月25日~2月25日

足柄版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月17日号

お問い合わせ

外部リンク