足柄版 掲載号:2018年3月17日号 エリアトップへ

箱根町観光協会 始まる観光地改革 足柄上では松田が一社化

経済

掲載号:2018年3月17日号

  • LINE
  • hatena
箱根町観光協会   =箱根町湯本
箱根町観光協会  =箱根町湯本

 一般財団法人箱根町観光協会(勝俣伸理事長)が、4月1日から地域版DMOとして再出発する。

 「DMO」とは観光地経営組織の略称で、観光庁と連携して観光地の経営をけん引する組織。2017年11月末時点で全国各地に41法人あり、神奈川県内では、【1】「公財・宮ケ瀬ダム周辺振興財団(相模原市、厚木市、愛川町、清川村)」、【2】「一社・かながわ西観光コンベンション・ビューロー(県西2市8町)」、【3】「一社・小田原市観光協会」の3法人が登録されている。

 箱根町は2011年の震災や2015年の大涌谷火山活動で大きく影響を受け、その後の調査を通じて、組織強化などの必要性が浮上。約400の法人・個人賛助会員を擁する観光協会としての活動は従来どおり続けるが、4月以降は町の観光動向やマーケティングリサーチなどの配信、外国人観光客向けの旅行コーディネートなど活動領域を拡大する。

 協会事務局に大手旅行会社から数人の出向者が加わるほか、各地の観光協会長との交流も増やし、情報交換を促進する構想だ。

松田の高橋さん

 箱根町協会で専務理事を務める松田町寄の高橋始さん(68)は「行政と地域の連携を今より深める。好循環サイクルを生み出し、地域が稼げるよう取り組みたい」と話す。

 足柄上地区には現在、南足柄、松田、山北に観光協会があるものの、いずれも任意団体でイベント運営に追われている。今年4月には松田町観光協会が一般社団法人に移行する予定で、「稼げる組織」に向けて再スタートを切る。

足柄版のローカルニュース最新6

弁当を無償提供

弁当を無償提供 社会

開成町在住のひとり親世帯対象

5月30日号

横断幕で医療従事者を応援

横断幕で医療従事者を応援 社会

松田町内各所に掲出

5月30日号

アユ、サイズは大きめ

アユ、サイズは大きめ 経済

解禁前に酒匂川で試し釣り

5月30日号

足柄上病院に継続支援

足柄上病院に継続支援 社会

地元から6度目の寄付

5月30日号

マスク5千枚を寄贈

マスク5千枚を寄贈 社会

南足柄市在住の西條英之さん

5月30日号

手洗いでウイルス撃退

手洗いでウイルス撃退 社会

松田町で推奨の取り組み

5月30日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月30日号

お問い合わせ

外部リンク