足柄版 掲載号:2018年11月17日号 エリアトップへ

山北D52会 一番列車の秘話ここに 11月23日、「新幹線」テーマにSLイベント

文化

掲載号:2018年11月17日号

  • LINE
  • hatena
関さんを囲むD52会のメンバー=11月8日・山北町商工会で
関さんを囲むD52会のメンバー=11月8日・山北町商工会で

 新幹線が開業した1964年10月1日に、新大阪発東京行き「一番列車」の運転士に抜擢された2人が、50年の時を超えて初のトークショーに臨む。山北町鉄道公園D52線路延伸協議会が主催する。

 トークショー開始は11月23日(祝)午後2時30分。会場は山北町生涯学習センター、定員270人。

 山北駅北口の山北鉄道公園で2年前、47年ぶりに動くようになった蒸気機関車「D5270」。わずか12メートルの線路だが、それまで静かに佇んでいたSLが動き出したことで「鉄道の町山北」の住民や移住者、鉄道愛好家たちが力を合わせ、線路の延伸に向けた募金活動を始めた。

 今年3月に118万円を山北町役場に寄付したが「蒸気機関車についてもっと知ってもらおう」との声が高まり、今回の企画が始動した。

 「D52復活2周年記念」として企画されたトークショーには、新幹線一番列車の元運転士で山北町在住の関亀夫さん(85)と埼玉県在住の大石和太郎さん(85)が、蒸気機関車に関するパネルディスカッション(第1部)と「新幹線開業と東京オリンピック」をテーマとするトークショーを行う。

 D52会の会長で、20年以上にわたり新幹線を運転してきた関さんは「高速で走る新幹線や、エネルギーを自分で作って走る蒸気機関車には夢がある。今まで話したことのないエピソードも披露したい。質問にもできるだけたくさんお答えする」と話している。

 新幹線開業の当日は東京オリンピック開会式の9日前。関さんによると、当時はひかり4時間、こだまは5時間で新大阪東京間を繋ぎ最高時速は200キロだったという。

 入場料300円(記念入場券付)。収入は全額延伸費用に使われる。グッズ販売もある。(問)事務局武さん【携帯電話】090・8728・9153。当日は山北産業フェア開催日。
 

足柄版のトップニュース最新6

ざる菊シーズン到来

ざる菊シーズン到来 社会

南足柄市内3カ所で祭り

10月23日号

千葉ロッテから育成指名

立花学園高永島田選手

千葉ロッテから育成指名 スポーツ

最速150キロ本格派右腕

10月23日号

大雄山駅前に新名所

大雄山駅前に新名所 社会

コロナ下の多様な働き応援

10月16日号

稲荷社の修復完了

大井町三嶋神社

稲荷社の修復完了 文化

工法は石場建て採用

10月16日号

最優秀賞に三谷さん

ORANGECUP2021

最優秀賞に三谷さん 教育

運動後押しのゲーム機考案

10月9日号

入札不調で開設に遅れ

開成町新学童保育所

入札不調で開設に遅れ 教育

22年4月断念、7月目指す

10月9日号

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook