足柄版 掲載号:2019年10月19日号 エリアトップへ

開成弥一芋研究会会長の 武藤 輝夫さん 開成町金井島在住 79歳

掲載号:2019年10月19日号

  • LINE
  • hatena

粘り強く、たくましく

 ○…かながわブランドに認定される「開成弥一芋」は10月初旬に初出荷を迎え、現在出荷の真っただ中。今年で9年目を迎えた開成弥一芋研究会の3代目会長を務める。昨年のブランド認定をはじめ、普及に尽力した前会長が病に倒れ、今年4月に新会長に就任した。「お前がやるしかない」と25人のメンバーからも背中を押された。「今日も予定より(出荷量が)オーバーしたよ」と手応えを確かめた。

 ○…開成町で生まれ育った。学生時代はバレーボールに明け暮れ、自宅は米を主に生産する兼業農家。自身もサラリーマンをしながら父から術を学んだ。リタイア後は稲作を続ける傍ら同会のメンバーに加入。「地域や子どもたちのためにもなれば」と全体で100アールにもなる畑で毎年13〜14トンほどを出荷している。「お客さんの要望に応えながら品揃えもしっかりしていかないと」と自宅裏の畑をほ場にし、県技術センターの先生を招いて会員や新規加入者らに講習も実施する。

 ○…孫が4人。「ときどき畑でいたずらをしています」と言いながらも祖父の背中を見て、すくすくと成長している。息子2人は「話し合ってよくやってくれている」と田んぼの作業を任せられる存在だ。「もうやっていませんけどね」とはにかむが、開成ジョギングクラブに所属していた元市民ランナー。80歳を目前に心身ともに元気でいられる理由はここにある。

 ○…全国的なメディアにも取り上げられている「ねっとり、甘い」弥一芋。「栄養分析をもっと細かくして、他の里いもとの違いを明確にして売り込んでいきたい」と今後の課題は明確だ。「販路がしっかりしているから自信をもって栽培できる。『開成弥一芋ブランドのさらなる向上』が今一番にやるべきこと」
 

足柄版の人物風土記最新6

塚本 直樹さん

開成町100人カイギの事務局を務める

塚本 直樹さん

開成町みなみ在住 39歳

11月16日号

石井 哲雄さん

内閣府エイジレス・ライフを受章した

石井 哲雄さん

開成町吉田島在住 74歳

11月9日号

中川 綾(りょう)さん

東海大学湘南キャンパスで行われる「建学祭」の実行委員長を務める

中川 綾(りょう)さん

大井町金手在住 21歳

11月2日号

安藤 和幸さん

内閣府から社会参加章を受章した「シニアネットワークおだわら&あしがら」で代表理事を務める

安藤 和幸さん

小田原市城山在住 69歳

10月26日号

深見 まさ子さん

二科展の絵画部門で内閣総理大臣賞を受賞した

深見 まさ子さん

大井町金子在住 

10月12日号

田中 悟志さん

日本認知科学会で招待講演を行った浜松医科大の准教授

田中 悟志さん

南足柄市出身 43歳

10月5日号

医療から介護まで

看護師・介護士(常勤・非常勤) 募集中  託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク