足柄版 掲載号:2020年7月25日号 エリアトップへ

足柄高校野球部 1試合のみの夏 舞岡高校との交流試合へ

スポーツ

掲載号:2020年7月25日号

  • LINE
  • hatena
「笑顔で終わりたい」と意気込む足柄高校のナイン
「笑顔で終わりたい」と意気込む足柄高校のナイン

 新型コロナの影響で中止が決まった「第102回全国高校野球選手権神奈川大会」。8月1日(土)からはこの代替大会として「令和2年度神奈川県高等学校野球大会」が行われる。大会はトーナメント方式と勝敗に関わらず一戦限り、そして不参加という選択ができたが、足柄高校は1試合のみを選択。8月4日に同じ選択をした舞岡高校と大会唯一の「交流試合」として対戦する。

 6月に代替大会の開催が決まると、臨時休校中だったこともあり、3年生7人が中心となり、スマホアプリを介して、話し合いを重ねてきた。由比藤大介監督は「毎年のようにトーナメントでいきたい」という旨をあらかじめ3年生に伝え、選手だけで話し合うことに。

 長谷川駿将主将は「大会が自分たちの中で何なのか」を仲間に問いかけると部員たちからは「今まで頑張ってきたことの集大成」「3年生マネージャー2人を勝って共にベンチ入させてあげたい」といった意見があがった。長谷川主将は「トーナメントで戦いたい。でも俺たちには今後の人生もある。1試合にしないか」と重い口を開くと、意見は真っ二つになった。

 3年生マネージャーの阿久根優香さんと今村みふゆさんは「どんな結論になっても最後までサポートすることに変わりはない」と約束。「例え1つ勝ってもその後、全員が揃うことが難しい」という現実を踏まえ、「皆でやり切って引退しよう」と1試合にすべてを尽くす結論を出した。

 登校再開から1カ月が経った7月1日に練習を再開。長谷川主将とエース大森一輝投手のバッテリーは投球練習を行うなどグラウンドに活気が戻った。大森投手は「体が重くてきつかった」と振り返れば、長谷川主将も「慣れたグラウンドなのに新鮮だった」と阿吽の呼吸を楽しんだ。

 大会開幕まで残り数日。「試合が出来ることが当たり前ではない。全員で楽しんでプレーし、最後は笑顔で終わりたい」と口を揃える部員たちの思いは今一つになっている。

 なお、大井と吉田島は部員不足のため今大会には出場しない。

足柄版のトップニュース最新6

ざる菊シーズン到来

ざる菊シーズン到来 社会

南足柄市内3カ所で祭り

10月23日号

千葉ロッテから育成指名

立花学園高永島田選手

千葉ロッテから育成指名 スポーツ

最速150キロ本格派右腕

10月23日号

大雄山駅前に新名所

大雄山駅前に新名所 社会

コロナ下の多様な働き応援

10月16日号

稲荷社の修復完了

大井町三嶋神社

稲荷社の修復完了 文化

工法は石場建て採用

10月16日号

最優秀賞に三谷さん

ORANGECUP2021

最優秀賞に三谷さん 教育

運動後押しのゲーム機考案

10月9日号

入札不調で開設に遅れ

開成町新学童保育所

入札不調で開設に遅れ 教育

22年4月断念、7月目指す

10月9日号

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook