足柄版 掲載号:2021年12月4日号 エリアトップへ

高校駅伝選手が町長表敬 湘光中出身の2人

スポーツ

掲載号:2021年12月4日号

  • LINE
  • hatena
(左から)曽根さん、可児さん、小田町長
(左から)曽根さん、可児さん、小田町長

 第74回神奈川県高等学校駅伝競走大会(11月7日・日産スタジアム)に出場した大井町立湘光中出身の可児悠貴さん(東海大相模2年)と曽根直也さん(鎌倉学園3年)が11月24日、大井町役場を訪れ小田眞一町長を表敬訪問した。

 東海大相模は2時間7分47秒で2位に9秒差で優勝し12月26日(日)の全国大会出場を決めた。可児さんは3区を走り、1位をキープしたまま4区にタスキをつないだ。同校は終始トップを譲らず完勝した。「自分の中では納得のいく走りができなかった。全国大会では16位をチーム目標にしている。皆が力を出せば目標を達成できると思うので自分もさらに頑張りたい」と可児さんは意気込みを語った。

 曽根さんは最終7区で、区間賞を獲得する快走をみせて、鎌倉学園も3位でフィニッシュした。「走っているときは必死でチームのことしか考えていなかった。集大成の大会で結果が出て嬉しかった」と振り返った。

 小田町長は「これからの2人の活躍に期待する」と話した。

足柄版のローカルニュース最新6

空き家にしない相続

空き家にしない相続 社会

松田町でセミナー

1月29日号

市立学校の庁務員募集

女性弁護士の法律相談

女性の未病学ぶセミナー

2022新体制を発表

湘南ベルマーレ

2022新体制を発表 スポーツ

1月29日号

地元酒蔵の魅力一冊に

地元酒蔵の魅力一冊に 社会

神奈川新聞の連載書籍化

1月29日号

あっとほーむデスク

  • 1月29日0:00更新

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook