神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
足柄版 公開:2024年5月4日 エリアトップへ

山北高校野球部に復刻ユニを寄贈するOB会の会長を務める 石井 彰次さん 湯河原町在住 59歳

公開:2024年5月4日

  • X
  • LINE
  • hatena

山高旋風を再び

 ○…野球部創部50周年の今年、OB会からユニホームを寄贈する。首元の縁どり、胸に漢字で刻まれた「山北」の文字―。それは、かつて「県立最強」と呼ばれた時代と同じデザイン。「節目を機に、山高旋風を再び巻き起こすための一歩になれば」。部員からは「シブくてかっこいい」と早くも好評。グラウンドで躍動する姿を見るのが待ちきれない。

 ○…年に1回の懇親会で親睦を図るのがお決まりだったが、高校野球のOBらが甲子園を目指す「マスターズ甲子園」出場をきっかけに2009年にOB会が立ちあがった。「体制がしっかりしたことで、父母会や後援会、学校との結びつきも、一層強固なものになりました」。自然と「節目を機に古豪復活へ」の機運も会員の間で高まっていったという。

 ○…現在、監督とコーチ2人はOB会の後輩たちが務める。飲食関係の会社に勤務する自身も含め現役世代で、仕事との両立はたやすいことではない。だからこそ「3人だけに頼らない。ほかの人間も自分の持ち場で、できることでサポートを」。その言葉には「飛びぬけた選手がいなくても全員野球で戦えば勝てる」と叩き込まれた山北野球の魂が今もにじむ。高校当時はキャッチャーで副キャプテン。最後の夏は横浜に1対6で敗れ、ベスト16だった。

 ○…問いには言葉を選びながら丁寧に話す。ともに役を務める仲間からの「常に周りを気にしながら、筋を通し、調整していくタイプ」という評がぴったりだが、自身は「裏方の性分なんですよ」と照れ笑い。現役のようなスラっとしたスタイルについて聞くと、、オフはもっぱら仲間と地元の海で波に乗るという。うねりを拾いながらのライディングは最高で「健康な限り続けたい」

足柄版の人物風土記最新6

町田 憲司さん

神奈川県山林種苗協同組合の元理事長として令和6年度神奈川県県民功労者表彰を受賞した

町田 憲司さん

南足柄市広町在住 81歳

6月22日

田渕 康男さん

5月に山北町農業委員会の会長に就任し、山北の農業を牽引していく

田渕 康男さん

山北町岸在住 71歳

6月15日

加藤 勝芳さん

参加者1万人に達した3033会のリーダーとして健康体操を指導する

加藤 勝芳さん

山北町山北在住 78歳

6月8日

菊地 真樹さん

南足柄市消防団の団長として南足柄の防災活動の中心を担う

菊地 真樹さん

南足柄市広町在住 53歳

6月1日

柳瀬 敦さん

4月1日付で神奈川県県西地域県政総合センター所長に就任した

柳瀬 敦さん

茅ヶ崎市在住 59歳

5月25日

山崎 美恵子さん

山北ジュニアコーラスの代表として子どもたちの指導にあたる

山崎 美恵子さん

山北町山北在住 67歳

5月18日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月22日0:00更新

  • 6月15日0:00更新

  • 6月8日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook