神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
足柄版 公開:2024年5月11日 エリアトップへ

松田町大名行列保存会の役員として積極的に地域文化の伝承に努める 本間 裕章さん 大井町上大井在住 68歳

公開:2024年5月11日

  • X
  • LINE
  • hatena

「赤坂奴」を後世に

 ○…松田町の大名行列は「赤坂奴(あかさかやっこ)」と呼ばれ、明治の廃藩置県で旧小田原藩主が東京へ移る際、地域住民が「地元の寒田神社の祭礼に入れる形で、奴振りを後世に残したい」と技を習得したのが始まり。1971年には町の無形文化財に指定、76年には保存会を設立した。現在は約2000世帯が会員となり、松田町の補助を得て、住民で地域文化の伝承に取り組んでいる。「コロナ禍で3年間中止となった大名行列。昨年久しぶりに秋での披露となった。今年は町の一大イベントである8月の観光まつりで披露したい」

 ○…大名行列への本格的な参加は高校の時から。すぐにその雄大さに魅せられ、転勤期間などをのぞき、ほぼ毎年参加する。自身は毛槍を担当。過去には北海道、山形、東京などでも大名行列を披露した。「赤坂奴は踊り、衣装などとても美しいのが特長。他の地区の方々にも良く褒められる」と紹介する。

 ○…松田町生まれの松田町育ち。地元の少年サッカークラブのコーチ、監督を20年以上務め、現在は松田町の総合型地域スポーツクラブの理事としてなど積極的に地域活動に参加する。「課題はあるが人も温かくとても住みやすい地域。地域発展に少しでも貢献できれば」

 ○…課題の一つが後継者問題。15人で構成される奴振りは、その美しさを守るため踊りの習得には、妥協しない厳しさも時間も必要。現在は副会長として幼稚園生は衣装体験、小学生は運動会で行う踊りの指導、中学生からは本格的に大人と一緒に踊れるよう年代ごとの指導にも力を入れる。「時代は変わるが、素晴らしい伝統を守るためには変えてはならないものもある。後世に良い形で赤坂奴を伝えていければ」と目を輝かせた。

足柄版の人物風土記最新6

町田 憲司さん

神奈川県山林種苗協同組合の元理事長として令和6年度神奈川県県民功労者表彰を受賞した

町田 憲司さん

南足柄市広町在住 81歳

6月22日

田渕 康男さん

5月に山北町農業委員会の会長に就任し、山北の農業を牽引していく

田渕 康男さん

山北町岸在住 71歳

6月15日

加藤 勝芳さん

参加者1万人に達した3033会のリーダーとして健康体操を指導する

加藤 勝芳さん

山北町山北在住 78歳

6月8日

菊地 真樹さん

南足柄市消防団の団長として南足柄の防災活動の中心を担う

菊地 真樹さん

南足柄市広町在住 53歳

6月1日

柳瀬 敦さん

4月1日付で神奈川県県西地域県政総合センター所長に就任した

柳瀬 敦さん

茅ヶ崎市在住 59歳

5月25日

山崎 美恵子さん

山北ジュニアコーラスの代表として子どもたちの指導にあたる

山崎 美恵子さん

山北町山北在住 67歳

5月18日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月22日0:00更新

  • 6月15日0:00更新

  • 6月8日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook