神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
足柄版 公開:2024年6月15日 エリアトップへ

5月に山北町農業委員会の会長に就任し、山北の農業を牽引していく 田渕 康男さん 山北町岸在住 71歳

公開:2024年6月15日

  • X
  • LINE
  • hatena
田渕 康男さん

耕作放棄地減へ知恵を集約

 ○…農地の集約化、耕作放棄地対策、農業への新規参入者の促進などを農地法に基づき行なっていく「農業委員」と、連携をとり、補助していく「農地利用最適化推進委員」。両委員11人のトップに就任した。山北の農業は担い手の高齢化、後継者不足と耕作放棄地の増加、燃料や肥料代の高騰など、多くの課題を抱えている。「足柄茶などブランド品として定着したものもある。農業には適した風土なので、知恵を絞り遊休農地を減らしていきたいです」。

 ○…農地利用最適化推進委員時代から力を入れてきたのは、地域の農地パトロールや調査。高齢化などによってやむなく耕作放棄地となった農地を町や地域の他団体などと連携して担い手を探した。「誰でも農業に取組みやすい環境づくりと、商売として成り立つ仕組みをつくることが大切」と力強い。

 ○…定年までは地元中学校で数学の教諭として奉職してきた。写真部の顧問を長く務めていたが、教員の全国的なコンクールで最優秀賞を受賞したこともあるという。現在も写真が一番の趣味だと言い、桜などの花々や美しい自然を求め、妻と写真旅行に出かけることもしばしば。「山北町も雄大な自然に恵まれていて、富士山など絶好のシャッターチャンスとなる風景があります」と紹介する。

 ○…後継者対策として大きな期待を寄せているのが、定年退職した後の世代による家庭農園だ。コロナ禍を経て、希望する人も増えた。自身もほぼ無農薬でみかんを育て、どこにも負けない美味しいものが収穫できている。「生活のかかる専業農家と違い、自由に好きなものを栽培できるのが家庭農園の楽しみ。健康にも良いので山北で始める人を増やしていきたいですね」

足柄版の人物風土記最新6

石黒 愛子さん

大井町良い映画を見る会の代表として7月28日こども映画会を上映する

石黒 愛子さん

大井町金子在住 75歳

7月20日

小野 清美さん

南足柄市食育ボランティアぱせりの会の会長として料理教室などを行う

小野 清美さん

南足柄市関本在住 70歳

7月13日

加藤 健治さん

句集「足柄峠」を6月20日に発刊した

加藤 健治さん

南足柄市向田在住 87歳

7月6日

茂木 哲夫さん

機関紙足柄乃文化第51号を発行した山北町地方史研究会の会長を務める

茂木 哲夫さん

山北町平山在住 82歳

6月29日

町田 憲司さん

神奈川県山林種苗協同組合の元理事長として令和6年度神奈川県県民功労者表彰を受賞した

町田 憲司さん

南足柄市広町在住 81歳

6月22日

田渕 康男さん

5月に山北町農業委員会の会長に就任し、山北の農業を牽引していく

田渕 康男さん

山北町岸在住 71歳

6月15日

桧家住宅

7月13日㈯、14日㈰現地販売会開催

https://www.hinokiya.jp/bunjyo/kanagawa/202307/56345.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月20日0:00更新

  • 7月13日0:00更新

  • 6月29日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook