秦野版 掲載号:2011年11月26日号
  • googleplus
  • LINE

堀川小ほりかわ幼 "手作り"で30周年を祝う 地域の人を記念式典に

同校児童が堀川小学校の「ハッピーバースデーのうた」で祝った
同校児童が堀川小学校の「ハッピーバースデーのうた」で祝った

 市立堀川小学校(相原雅徳校長)で11月22日、同校と市立ほりかわ幼稚園(坂間操園長)が合同し「創立30周年を祝う会」を行った。

 この日は、民生委員・児童委員やスクールガード、四十八瀬川自然村のメンバー、公民館や児童館の職員、学校農園の関係者など、日頃同校や同園との関わりが深い地域の人が招かれた。

 会場に招かれた人の中には、開校当初の児童の保護者で、同校の校章をデザインした菊池務さんもおり、相原校長から子どもたちに紹介がされた。

 当日は開校・開園30周年の記念品として各PTAから、30年前の堀川地区と現在の堀川地区の航空写真などが贈呈された。

 園児、児童らはこの日のために練習をした歌や合奏、群読を披露したほか、それぞれの園歌、校歌を合唱した。同校の児童が全員で堀川小学校の”30歳の誕生日”を祝う「ハッピーバースデーのうた」を合唱すると、会場からは暖かい拍手が送られた。

 また、当日会場となった体育館の壁には、この日のために作成された、堀川小学校の歴史や開校当時の堀川地区の様子を振り返ったクラス新聞や、開校30周年に寄せた全校児童による「寄せ書きの木」など、手作りの飾り付けがされた。

 同校・同園の開設は昭和57年。当初、付近は畑ばかりで何も無かったという。「離れた地主の方も、学校、園の土地ならばと快く土地を提供して下さったそうです。堀川小学校、ほりかわ幼稚園は地域の方の強い期待が込められているんです」と相原校長。「地域の方があってこそ活動ができる。これからも強い繋がりを持っていきたい」と話した。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

民児協パネル展

本町

民児協パネル展

5月4日号

口腔がん無料検診

陸上競技を学ぼう

箱根駅伝や全国入賞の経験者から

陸上競技を学ぼう

5月4日号

児童と給食囲み懇談

「1本」にこだわる空手大会

八重桜で春爛漫

八重桜で春爛漫

4月27日号

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク