秦野版 掲載号:2012年5月17日号
  • googleplus
  • LINE

本町中野球部 中ブロック大会で優勝 県大会は強豪・桐蔭学園と

中ブロック大会で優勝した本町中野球部
中ブロック大会で優勝した本町中野球部

 市立本町中学校の野球部が、4月14日から29日(計4日間)に行われた第39回神奈川県春季軟式野球大会(主催/県中学校体育連盟、県野球連盟)の中ブロック大会で優勝した。

 中ブロック大会は、秦野市、伊勢原市、平塚市、大磯町、二宮町の中学校全31校が出場し、トーナメント方式で雌雄を決する大会。

 同部は全5試合を行う中、初戦、2回戦ともに初回に先制点を取られ厳しい立ち上がり。しかし、初戦は最終回で勝ち越し。続く2回戦でも最終回2死から同点に追いつき、延長戦の末、逆転勝ちをした。

 決勝戦の相手は市立渋沢中学校。秦野市内の学校同士が決勝で戦うというのはこれまで少なく、本町中学校野球部監督の野澤伸介教諭は「秦野全体で力が付いてきた。(同大会では)選手たちの粘り強さが出た。最後まで諦めず、泥臭い野球をやった」と振り返る。

 互いに譲らず白熱した決勝戦は、6回に勝ち越し、2対1で勝利した。

 同部は5月19日(土)から等々力球場(川崎市中原区)で行われる県大会に出場する。初戦の相手は横浜ブロック1位の桐蔭学園。

 県大会を前に、野球部主将の栗原達郎さん(3年)は、「全員の気持ちを1つにし、全力プレーで優勝を目指したい」と力強く意気込みを語った。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

民児協パネル展

本町

民児協パネル展

5月4日号

口腔がん無料検診

陸上競技を学ぼう

箱根駅伝や全国入賞の経験者から

陸上競技を学ぼう

5月4日号

児童と給食囲み懇談

「1本」にこだわる空手大会

八重桜で春爛漫

八重桜で春爛漫

4月27日号

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク