秦野版 掲載号:2012年11月17日号
  • googleplus
  • LINE

秦野商工会議所会頭に就任した 関野 義一さん 渋沢在住 75歳

真っ直ぐに 誠実に

 ○…「秦野はひとつ。市内には4つの駅があって、ともすれば商工業の取り組みが分散しがち。秦野を想う心をひとつに、商工業の活性化に尽くしたい」と意欲を見せる。自身は渋沢駅前の(株)関野建設で代表取締役。商工業の力を結集するために東海や鶴巻地区に自ら出向いて地域に熱意を伝えていく。

 ○…同社は創業108年。自身は3代目にあたる。材木業から始まった会社は、昭和40年から現在の建設業に。地元企業として、地域のために役に立ちたいという気持ちは人一倍強い。これまでにも、地域の人たちに防災グッズを配布するなど貢献活動を行ってきた。さらに東日本大震災の影響で秦野に避難してきた家族に、無償で住宅を提供した。社員には「建設業は建てたら終わりじゃない。アフターフォローが大切。そしてお世話になった人への恩は決して忘れてはいけない」と繰り返す。

 ○…夫人と2人の息子の4人家族。息子たちは同社に務め、後継者としてともに働く。夫人とはどこでも一緒の「おしどり夫婦」。趣味は2人で行く旅行とゴルフ。フランス、スペイン、ドイツ…、度々訪れる海外ではあえてツアーでなくフリーで訪ね歩く。駅員に身振り手振りで行き先を教える。「スリルがあるけどその方がずっと楽しい」と笑う。愛妻家らしく、社長室には夫人が描いた絵画が何枚も飾られている。

 ○…生粋の秦野っ子。「少しでも秦野が良くなったって感じてもらいたいんだ。そのためにいろんなことを頑張るよ」と頼もしい。重要な課題の一つととらえているのが秦野市商店会連合会と秦野市西商店会連合会の一本化。「任期中に何とか実現させたい」と、身を乗り出す。さらに「商工会議所として行政に対し、市内商工業者の育成支援を強く要望していく」を語気を強める。時に笑いながら、時に強い口調で眼光するどく話す姿から、親分肌の頼もしさが感じられた。
 

秦野版の人物風土記最新6件

関野 裕太郎さん

2018年度秦野市PTA連絡協議会会長の

関野 裕太郎さん

4月27日号

長澤 智子さん

4月22日、文化会館で開催する秦野市民交響楽団の演奏会で朗読を行う

長澤 智子さん

4月20日号

五月(さつき) 千都弥(せんつや)さん

4月22日、文化会館で20周年公演を開催する日本舞踊五月流「みやこ会」会主の

五月(さつき) 千都弥(せんつや)さん

4月13日号

村山 英彦さん

秦野警察署長に就任した

村山 英彦さん

4月6日号

鈴木 弓弦さん

秦野サブカルチャー祭実行委員会の委員長を務める

鈴木 弓弦さん

3月30日号

國松 基祥(もとよし)さん

3月30日文化会館で子どもたちのショーを開く「Link」の代表を務める

國松 基祥(もとよし)さん

3月23日号

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク