秦野版 掲載号:2014年5月29日号
  • googleplus
  • LINE

第27回夕暮祭短歌大会 翼広げた春キャベツ詠む 市長賞に細谷幸子(さちこ)さん

秦野市長賞の細谷幸子さん
秦野市長賞の細谷幸子さん
 郷土の歌人・前田夕暮、谷鼎(かなえ)の文学遺産を長く受け継いでいくため、大人から子どもまで参加でき、全国から短歌作品を募集する「第27回夕暮祭短歌大会」(主催・秦野市、秦野市教育委員会)の表彰式が5月24日、市立図書館で行われ、最高賞の秦野市長賞に細谷幸子さん(88・南が丘在住)が選ばれた。

 細谷さんの作品は「羽搏(はばた)いて飛び立つ如し春キャベツ生き生きとして厨辺(くりやべ)にあり」。スーパーに買い物に行ったとき、たくさん陳列された柔らかそうな春キャベツの外側の葉が翼を広げているように思え、今にも飛び立ち、台所で生き生きしている情景が浮かび、歌にしたという。選者の村岡嘉子氏は「厨辺(台所)から生命の萌え出でる季節への想いがいきいきと生彩豊かに歌われている」と評した。

 細谷さんは思いがけない受賞に「本当にうれしいです。胸に明かりがポッと灯ったよう」と受賞の喜びを話した。

 秦野市教育委員会教育長賞には藤林正則さん(北海道札幌市在住)の「廃校の体育館に灯がともり牛飼ひ集ひバドミントンする」が、秦野市立図書館長賞には北村純一さん(厚木市在住)の「口笛を吹けば駆け出す馬の背にこぼれる春の光を見たり」が選ばれた。

 今大会には9歳から100歳までの308人から作品が寄せられた。27回目にして初めてアメリカ、オーストラリアなど海外から7首の応募もあった。黒田素子さん(アメリカ在住)の「七草は米ではとても手に入らず一草で茶粥に卵とじこむ」(佳作)といった郷愁の想いが垣間見える、海外生活ならではの作品も詠まれた。

秦野版のローカルニュース最新6件

振り込め詐欺を見破る

秦野警察署

振り込め詐欺を見破る

3月30日号

40周年記念式典、盛大に

秦野さくら饗宴

秦野さくら饗宴

3月30日号

秦野市が新人事を発表

コスプレイヤーが集合

4月イベント情報

万葉の湯 はだの館

4月イベント情報

3月30日号

東光苑

春の牛肉祭り4月1日(日)から5月31日(木)。好評につきサラダブッフェ継続

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フラダンスの祭典、再び

フラダンスの祭典、再び

4月8日に第3回マウカホイケ

4月8日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク