秦野版 掲載号:2015年1月17日号
  • LINE
  • hatena

珍しいクモの卵発見

文化

保護色で周りに突起が付いているのが特徴
保護色で周りに突起が付いているのが特徴
 秦野・冬水たんぼの会会長の吉田嗣郎さんが、12月22日、千村の若竹の泉の近くで、ムツトゲイセキグモの越冬卵を発見した。このクモはナゲナワグモの一種で、吉田さんによれば「研究者でも一生に1回発見できるかどうか」と言われる程珍しいという。

 発見した卵(卵のう)は、5個、冬枯れの木の枝先の葉が残っているところで見つかった。ムツトゲイセキグモは冬の強い風雨から卵を守るためおよそ8時間もかけて卵のうを作るのだという。中はやわらかい糸、外側は丈夫な糸で包み、外側は保護色になるよう茶色の糸にして突起をつける。親クモは卵のうに寄り添い、卵を守り、霜の降りる頃に、子グモの誕生を待たず、卵の傍らで生命を全うする。芽吹きの頃になると、卵のうの中から新たな命が誕生する。吉田さんは「この発見は千村の里が自然豊かな証拠。豊かな自然を皆で大切に守ることが大事」と話した。

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク