秦野版 掲載号:2015年10月31日号
  • LINE
  • hatena

笑顔と一体感に包まれる ソロプチが奉仕活動

社会

利用者にマイクを向けるソロプチ会員(右)
利用者にマイクを向けるソロプチ会員(右)
 国際ソロプチミスト秦野(上瀬節子会長)が10月19日、秦野市西田原の特別養護老人ホーム「田原の里」で、同施設の利用者約30人と一緒にレクリエーションを行った。同所での奉仕活動は2回目で、同団体30周年の奉仕イベントの1つ。

 当日は『もみじ』の輪唱や『ずいずいずっころばし』などを一緒に歌い、阿波踊りも披露。リズムに乗って手踊りをする利用者の笑顔も見られた。『とんとんとんからりと隣組』や最後に歌った『リンゴの唄』では利用者にマイクを向けると大きな声で歌い、大盛り上がりを見せ会場は一体感に包まれた。

 参加した会員は「皆さんに一緒に歌ってもらえてよかった。笑顔から喜びが伝わってきて私達も元気になった。来年も続けて活動させて頂きたい」と話した。

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク