秦野版 掲載号:2017年3月16日号
  • googleplus
  • LINE

丹沢檜の「バラ」がお出迎え 市役所秘書課の受付で

文化

 秦野市役所本庁舎3階の秘書課の受付に、秦野産檜の鉋屑で作られたバラの花が飾られている=写真。

 名前は「けずり華」。秦野市菖蒲の谷工務店の棟梁、谷和雄さん(56)と妻・直子さん(47)が「秦野丹沢産檜のPRに」と作ったものだ。市内外から市長室などを訪れる人々を木のぬくもりで出迎えている。

 谷さんは以前、市長室の机の改修を頼まれたことがあり、そのときの記念として「けずり華」を市長室にプレゼントした。今回新たに檜で作った花器と共に2本を贈り、3月7日から秘書課前に置かれている。時間が経つと色が濃くなるので、今回贈ったものと以前のもの、2色が楽しめるという。

 谷さんは「多くの人に秦野の檜を知ってもらえれば」と話す。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

東光苑

あったか土鍋フェア2月28日まで・春の美酒佳肴3月1日から4月30日

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

明治後期の商い紹介

明治後期の商い紹介

『秦野名鑑』基に写真や看板など展示

2月6日~3月25日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク