秦野版 掲載号:2018年2月16日号 エリアトップへ

「クラスのみんなが思わず読みたくなる」 全国最優秀賞「森のくまさん」の魅力 東中学校2年2組 学級新聞

教育

掲載号:2018年2月16日号

  • LINE
  • hatena

 第67回全国小・中学校・PTA新聞コンクール(毎日新聞社など主催、文部科学省など後援)の結果が2月10日に発表され、秦野市立東中学校2年2組の学級新聞が最優秀賞に選ばれた。担任教諭のファッションチェックや、クラスメイトの1日を内緒で観察した「〇○ちゃんの一日」など、のびのびとした自由な記事でクラスメイトの興味を引き付ける紙面となっている。

 2年2組の学級新聞「森のくまさん」は、広報委員の太田早紀さんと杉本碧泉(あおい)さんが中心となって発行している。楽しんで新聞づくりに取り組んできたという2人。コンクールには4月から12月までに発行した1号〜25号を応募した。25回の発行は、全国から応募のあった学級新聞の中で最多だったという。

 「森のくまさん」という名前は、クラスのみんなで決めたもの。担任の熊澤拓也先生の名前から取った。

 紙面の大きな特徴は、「参加型」の紙面だということ。連載の自己紹介コーナーを始め、クラスのアンケートで選ばれた”秀才”に勉強の仕方を取材した記事や、体育祭や音楽祭などの前にクラスのモチベーションがあがるよう各責任者へ話を聞いたものなどに多くの生徒の名前が登場する。また、クラスのイメージキャラクター投票ではクラスメイトが描いたイラストが並んでいる。杉本さんは「アンケートとインタビューを積極的に取ってきました」と振り返る。

 さらに注目すべきは企画の独創性。連載コーナー「広報2人が決める・あなたに合っているmusic」では、広報委員2人がクラスメイト1人ひとりに聴いてほしい曲を1曲選んで掲載している。「太田ちゃんのアイディアが面白いんです」と杉本さん。太田さんは「初めての企画は評判を聞いて、良ければ連載しています」と元気に話す。もちろん、内容には高校訪問や期末テストについて取り上げた固い企画も織り交ぜられている。

 また、文体もユニークで、夏休み前に発行した号では「夏休みの敵、宿題の一覧表を書いてみたので、わからなくなったら見て下さい」という言葉と共に、一覧表を掲載。面白い導入で注意を引きつつ、宿題でやるべきことを可視化し、クラスメイトの役に立つ紙面に仕上げている。

 新聞づくりを温かく見守ってきた熊澤先生は、恋愛話をインタビューされ「こんなこと言ったっけな…」と恥ずかくなることもあるというが、「クラスのみんなに”読みたい”と思わせるのはすごい。生徒と話すきっかけにもなっています」と笑顔を浮かべる。

 同中で新聞づくりの指導に当たってきた武勝美さんは「最近では珍しく25回も発行したことに新聞としての力を感じる。クラスメイトの声がたくさん載っていると、やはり読まれる新聞になります。手書きならではのレタリングに力を入れていて、新聞のルールである縦見出しなどがきちんとできていたのも良かったと思います」と話した。

紙面を振り返る太田さんと杉本さん
紙面を振り返る太田さんと杉本さん

秦野版のローカルニュース最新6

ハート展

ハート展 文化

12月9日から

11月26日号

食品ロス対策学ぶ

蔵の仲間たち展

自然素材のリース展示

自然素材のリース展示 文化

くずはの家で11月27日から

11月26日号

12月イベント情報

万葉の湯 はだの館

12月イベント情報 社会

11月26日号

“笑運動会”で再会喜ぶ

高橋昌和の4年間

5つの誓いの取り組みと成果 第1回「中学校給食の完全実施」

https://takahashi-m.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

プロに学ぶフォトセミナー

【Web限定記事】

プロに学ぶフォトセミナー

観光協会が参加者募集

12月10日~12月10日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook