秦野版 掲載号:2018年3月9日号
  • LINE
  • hatena

日立ソフト選手が指導 本町小で体験授業

教育

バッテイングの指導をする数馬選手
バッテイングの指導をする数馬選手
 秦野市立本町小学校グラウンドで2月26日、同校の5年生・6年生児童を対象に、ソフトボールの特別授業が開催された。

 これは秦野市ソフトボール協会(山口金光会長=人物風土記で紹介=)が主催。山口会長は「ソフトボールを通じてきちんとルールを守ることやチームワークを学び、基礎体力の向上などにつながるきっかけとなれば。これをきっかけにソフトボールに興味をもって欲しい」と、開催の意義を児童らに説明した。

 今年は日本女子ソフトボールリーグ1部で活躍する日立サンディーバに所属する倉本美穂選手、数馬史穂選手、松本怜奈選手の3人が講師として招かれた。児童たちはまずグラウンドをランニング、準備体操でウォーミングアップ。その後グループに分かれてキャッチボールから始まった。講師の選手たちがボールの握り方やスローなどを教えると、すぐに投げ方が上手になる児童の姿なども見られた。また、ゴロの取り方の基本的なフォームやキャッチの仕方、バッティングの体験などを行った。子どもたちは「ボールがキャッチできた」「バットにボールが当たって遠くに飛んだのが気持ちよかった」などと感想を話した。

 またデモンストレーションで見せた、選手たちの投げるボールのスピードやグラウンドの端から端まで豪快に飛ばすバッティングに驚きの声が上がった。

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

安保法制と9条改憲案

安保法制と9条改憲案

12月1日に講演会

12月1日~12月1日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月23日号

お問い合わせ

外部リンク