秦野版 掲載号:2018年7月13日号
  • LINE
  • hatena

そば打ちを体験 駅前ケアクラブで振る舞い

社会

そば生地を伸ばす利用者と阪間さん(左)
そば生地を伸ばす利用者と阪間さん(左)

 秦野市柳町の駅前ケアクラブ(小室龍水代表)で7月5日、利用者へそば振る舞いが行われた。この日は堀山下に店を構える「手打ちそばさか間」の店主、阪間豊さんが訪れ、目の前でそば打ちを披露。生地を伸ばす過程では、阪間さんに教わりながら利用者らも体験した。普段は使わない長い麺棒を転がし「上手にできているかしら」と笑顔を見せる利用者ら。伸ばしたそばをたたみ、切る際には阪間さんの職人技に拍手も。全員でそばを食べ「おいしい」と喜びの表情を浮かべていた。

 同施設では地元との交流をめざしてこうした催しを実施しており、今年3月にも地元の銀八鮨が寿司振る舞いを行っている。今回は「夏に涼しいものを」と考え、阪間さんに相談し、実現したという。

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月8日0:00更新

  • 3月1日0:00更新

  • 2月22日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「東海道五十三次の旅」

「東海道五十三次の旅」

16日から浮世絵ギャラリーで

3月16日~4月14日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク