秦野版 掲載号:2018年9月28日号 エリアトップへ

体操競技 とびうお2選手が全国大会へ 渋沢小6年の中戸川選手・北爪選手

スポーツ

掲載号:2018年9月28日号

  • LINE
  • hatena
得意の跳馬を練習中の北爪選手
得意の跳馬を練習中の北爪選手

 秦野市総合体育館で8月24日から26日まで行われた第30回神奈川県ジュニア体操競技選手権大会で、秦野市平沢の湘南とびうお体操クラブ(武田晴信代表)に所属する中戸川剛琉(たける)選手(渋沢小6年)が個人総合で準優勝し、11月の全国ブロック選抜U―12体操競技選手権大会への出場権を獲得した。また、同クラブの北爪絢乃選手(渋沢小6年)は個人総合4位に入賞。来年3月に全国体操小学生大会に出場が決まった。

 県ジュニア体操競技選手権大会は県ジュニア体操連盟が主催し、県体操協会、県ジュニア体操連盟に登録する小中学生の選手が毎年秦野市に集まり技を競う。今年は559人が出場した。

 2人は選手権小学生の部に出場。男女とも上位3位までが全国ブロック選抜U―12体操競技選手権大会の出場権を獲得でき、4〜9位が全国体操小学生大会の出場権を得られる。

丁寧な演技で準優勝

 中戸川選手はゆか、あん馬、つり輪、跳馬、平行棒、鉄棒の合計66・900点で総合2位に。「自分の力の8割以上が出せた」と中戸川選手。特に跳馬は調子がよく、11・800点をマーク。「着地がうまく決まってよかった」と笑顔で振り返った。武田代表も「全体的にミスが少なく、丁寧だった」と選手の演技を称える。U―12に向け、中戸川選手は「自分のベストを出せるようにしたい」と抱負を語った。

膝の痛みに耐え

 女子は跳馬、段違い平行棒、平均台、ゆかの合計で総合順位が決まる。北爪選手は大会当日、膝を故障中で「特に痛かった」というゆかは26位。しかし、得意の跳馬と段違い平行棒、平均台で高得点をマークし、見事総合4位に入った。「膝を痛めていた中でよく耐えた」と武田代表。北爪選手は「ゆかはもう少しできたかなと思う」と悔しさをにじませるも「今までEスコア(技の完成度や美しさ等)が取れなかったから、全国大会で取りたい」と目標を前向きに語った。

鉄棒の上で美しい倒立姿勢で静止する練習中の中戸川選手
鉄棒の上で美しい倒立姿勢で静止する練習中の中戸川選手

ラスカ茅ヶ崎・平塚・小田原

11月26日(木)から29日(日)はJREポイント5倍キャンペーンを実施!

http://www.lusca.co.jp/

<PR>

秦野版のローカルニュース最新6

上弦の夜にワインと音楽を

上弦の夜にワインと音楽を 文化

11月22日 人気イベント第5弾

11月20日号

流星群を観察しよう

流星群を観察しよう 文化

野外活動センターが募集

11月20日号

新嘗祭に米と粟を献上

入賞者決まる

第53回市陸上競技選手権

入賞者決まる スポーツ

11月20日号

西公民館の歴史語る

92歳の栗原嘉一さん(渋沢)

西公民館の歴史語る 文化

11月20日号

ハワイアンなXmas(クリスマス)

ハワイアンなXmas(クリスマス) 文化

東公民館でフェス

11月20日号

あっとほーむデスク

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

季節の写真展

季節の写真展

南が丘写友会

11月29日~12月20日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク