秦野版 掲載号:2019年5月17日号 エリアトップへ

(PR)

「腹腔鏡手術は病院選びが重要」 技術認定医はホームページで閲覧可能

掲載号:2019年5月17日号

  • LINE
  • hatena
インタビューに答える大佛部長
インタビューに答える大佛部長

 近年、消化器外科では、従来の開腹手術に代わって腹腔鏡手術が主流となっている。秦野赤十字病院の大佛(おさらぎ)智彦外科部長は、「出血が少なく、傷も小さいために術後の痛みも少ない。さらに体の内部を拡大視できるため、細かい神経や血管を確認でき、機能温存につながるなど、メリットは大きい」と指摘する。

 その一方「腹腔鏡手術は技術的難易度が高いため、合併症や5年生存率に病院格差がある」と大佛部長は指摘する。それだけに「消化器外科の手術はどこの病院で受ければいいのか?」と悩む。そこで参考となるのが「日本内視鏡外科学会」技術認定医制度による技術認定医が在籍している医療機関かどうかだ。

 これは外科医の技量を客観的に評価する制度。実際の手術の場面を撮影した動画を学会に提出し、審査が行われる。合格率は30%未満で、技術認定取得者は学会のホームページに名前が掲載される。誰でも検索すれば確認が可能だ。大佛部長も技術認定医。同病院には、大佛部長を含め技術認定医が2名在籍している。

 癌と診断を受けたら「1日でも早く手術を受けないと手遅れになる」と、焦る人も多い。しかし癌と診断されてから手術まで、早期であれば2〜3カ月、進行癌の場合でも1カ月後になることもある。大佛部長は、「大切なことはまず手術を受ける病院をしっかりと選ぶことです」と主張する。「私は患者さんにとっては『一生に一回の手術』という気持ちでいつも手術をしています。県西部には技術認定医が非常に少ない。地域の技術認定医として腹腔鏡手術の安全性と技術の向上に貢献していきたい」と話す。同病院では、患者の病気が腹腔鏡手術の適応かどうかを判断してくれる「腹腔鏡外来」を新たに開設。予約で受診することができる。
 

秦野赤十字病院 健診センター

秦野市立野台一丁目1番地

TEL:0463-81-0855

http://hadano-jrc.jp/

開成町あじさいまつり

6/1(土)~9(日)まであじさいの里で開催

http://kaisei-ajisai.com/

<PR>

秦野版のピックアップ(PR)最新6

全国御朱印展再び

12月14日(土)・15日(日)秦野商工会議所会場に

全国御朱印展再び

12月6日号

今や、乗った分だけ支払う時代月々2万円〜憧れの車を

必須スキル「パソコン」を身につけよう

就労を考えている15〜39歳の方へ

必須スキル「パソコン」を身につけよう

12月17〜19日 無料講座(要予約)

12月6日号

早めの取得目指すなら今!

早めの取得目指すなら今!

免許なら地元教習所ハダジで

12月6日号

トクをつかめ!ブラックフライデー

イオン秦野ショッピングセンター専門店街

トクをつかめ!ブラックフライデー

11月22日から26日まで

11月22日号

水のトラブル解決します

水のトラブル解決します

365日対応 修理は信頼の「(株)みどりや」へ

11月22日号

葬儀の不安 解消しませんか?

参加無料

葬儀の不安 解消しませんか?

11月30日(土) 昼食付き「葬儀セミナー」

11月22日号

あっとほーむデスク

  • 11月1日0:00更新

  • 10月25日0:00更新

  • 10月18日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク