秦野版 掲載号:2019年7月12日号 エリアトップへ

7月15日に知的障害児(者)にカヌー無料体験教室を開催する 川崎 文雄さん 堀山下在住 70歳

掲載号:2019年7月12日号

  • LINE
  • hatena

原風景”川”に魅せられて

 ○…「カヌーを通し自然や川遊びに触れて欲しい」という趣旨に賛同した有志とともに、約20年前に実行委員会を立ち上げた。児童相談所や障害者施設の職員、医師、当初の会場になっていた大磯プリンスホテルの社員など、「仲間に恵まれたからこそできたし、続いている」と感謝を口にする。今は本栖湖に会場を変え、雄大な自然の中でカヌーと水遊びの楽しさを伝えている。「毎回、参加者はとても楽しんでくれます」と目を輝かせる。

 ○…カヌーとの出会いは24歳の時。カーディーラーのカヌー展示で一目惚れした。奥多摩での体験ですぐ虜になり、カヌーを購入。好きが高じて当時営んでいた自動車修理工場の敷地内にカヌーショップカワサキを併設し、20年ほど前に一本に絞り自宅に移転。競技者としての実力もあり、全日本天竜川カヌー競技大会11回優勝の「伝説の人」はいまだ体を鍛え続け、昨年も4大会で表彰台の一番上に登っている。

 ○…相模原市出身。相模川のほとりで生まれ、川とともに育った。戦後間もなかった当時、川は生活の場で大小さまざまな舟が浮いているのが日常の光景。「この頃は相模川もキレイでね。よく乗せてもらって遊んだり、魚や貝をとったりしていたよ」と懐かしげに微笑む。この原風景と「楽しかった」という記憶が、今に繋がっている。

 ○…「過去21回、事故も怪我もなくやってこれた。これが一番」。当初から参加している人もおり、趣味としてだけでなく競技に出場した人もいるそう。「嬉しいよね。やってきたかいがある」と満面の笑み。この取り組みを知った他地域の団体も同様の催しを始めるなど、活動は波及している。「いつまで続くかわからないけど、自分のライフワークとして続けていきたい」と語った。

<PR>

秦野版の人物風土記最新6

佐々木 浩子さん

11月1〜5日、曲松のギャラリーmeで「さきおり工房 浩子 三人展」を開く

佐々木 浩子さん

北矢名在住 40歳

10月18日号

今井 実さん

第65代秦野市議会議長に就任した

今井 実さん

鶴巻南在住 68歳

10月11日号

加藤 のぞみさん

今月神奈川県民ホールで開催されるオペラ「カルメン」で主役を演じる

加藤 のぞみさん

秦野市出身 32歳

10月4日号

秋山 健夫さん

秦野たばこ販売促進協議会会長に就任した

秋山 健夫さん

秦野市菖蒲在住 76歳

9月27日号

井原 義春さん

9月5日付で秦野警察署長に就任した

井原 義春さん

秦野市在住 59歳

9月20日号

関野 高弘さん

一般社団法人 秦野伊勢原医師会の会長を務める

関野 高弘さん

尾尻在住 62歳

9月13日号

渡辺 弼(たすく)さん

東公民館で20日まで写真展を開催している

渡辺 弼(たすく)さん

下大槻在住 74歳

9月6日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

秦野の魅力込めた1枚募集

観光写真コンクール

秦野の魅力込めた1枚募集

10月7日~1月31日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク