秦野版 掲載号:2020年9月25日号 エリアトップへ

本町中 ”考える”大切さ学ぶ いじめ・ネットトラブルの講演

教育

掲載号:2020年9月25日号

  • LINE
  • hatena
秦野警察署員の話を聞く生徒ら
秦野警察署員の話を聞く生徒ら

 本町中学校(小山田幸弘校長)で9月17日、「いじめ防止講演会」が行われた。当日は2年生約240人が参加。講師は秦野警察署(竹田茂署長)生活安全課の警察署員が務めた。

 講演は「考えよう やっていいこと 悪いこと」と題し、いじめは被害者はもちろん、加害者も後から傷つき苦しむと説明。肩パン(肩をパンチすること)を例に挙げ「やった人は”いじり”のつもりでも、暴力だと感じる人もいる。同じことをされてもどのくらい嫌かは人それぞれ。自分は平気、ではなく相手が嫌がっているかどうか考えることが大切」と話した。生徒らは自分がされて嫌なこと、友達がいじめられていたらどういう態度を取るかなどをワークシートに書き出し、相手の気持ちを考え、行動することの大切さを学んでいた。

 そのほか、講演会では低年齢化しているインターネットでのトラブルや事件についても説明。9月上旬に発生したオンラインゲームを通じた横浜市内での女児誘拐事件に触れ「ネットに関わる危険が増えている。怖い思いをしたら保護者や先生にすぐ相談してほしい」と注意を呼びかけた。また、「SNSやメール、チャットなど、今自分がやっていることは大丈夫なのか、行動する前に1秒でいいから立ち止まって考えてみる。それがネットトラブルを防ぐ方法」と話した。

 講演後、生徒は「間違った行動をしたら謝れる人間になりたい。自分もスマホも持っているので、今後は聞いたことを頭の隅に置いて使います」と感想を述べた。

秦野版のローカルニュース最新6

地域課題で意見交換

JC神奈川ブロック

地域課題で意見交換 経済

高橋市長を公式訪問

4月16日号

二王像鑑定「修復は急務」

はだの大日堂保存会

二王像鑑定「修復は急務」 文化

今年を計画実行初年度に

4月16日号

劇団BOWZ初披露へ

劇団BOWZ初披露へ 文化

24日 イオン秦野SC

4月16日号

災害復旧の感謝を込めて

高梨茶園

災害復旧の感謝を込めて 社会

自家産のお茶を寄贈

4月16日号

秦野事件簿

秦野事件簿 社会

3月28日〜4月3日

4月16日号

『RareA』に新ページ

『RareA』に新ページ 社会

茅ヶ崎情報「#ちがすき」

4月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 第1回「ビバ渋沢栄一!」

    NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

    第1回「ビバ渋沢栄一!」

    エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

    4月16日号

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter