秦野版 掲載号:2021年4月16日号 エリアトップへ

(PR)

秦野赤十字病院 小児科の外来診療が充実 常勤医師が3名体制に

掲載号:2021年4月16日号

  • LINE
  • hatena
小児科常勤医師の山田部長(中央)と小池医師(左)、兵頭医師(右)。3人で様々な症状に対応していく
小児科常勤医師の山田部長(中央)と小池医師(左)、兵頭医師(右)。3人で様々な症状に対応していく

 秦野赤十字病院では市民の要望に応えるため、これまで1人だった小児科の常勤医師を2人増員し、3人体制で対応することになった。これにより、小児科の外来診療体制の充実が図られ、併せて日中の救急搬送の受け入れが可能になった。

3人の特徴活かし幅広い症状に対応

 4月から同病院に勤務する山田思郎小児科部長は、柔和な表情と穏やかな話し方が特徴的。小児科を受診する患者の保護者は、若い年代が中心。「子どもが病気になると、親もやはり不安になってしまいます。私たちは保護者の方に、その先にどうしていくのが子どもにとって良いことなのか、ていねいに説明してサポートできるよう心がけています」と話す。

 山田部長とともに4月から同病院の常勤医師となった小池秀樹医師は、特に新生児から1歳までの赤ちゃんの診察を中心としてきた。秦野赤十字病院でも、「赤ちゃんにもやさしい病院」をめざし、幅広く対応していく役割が期待されている。

 これまで同病院の小児科常勤医師を1人で担ってきた兵頭裕美医師は、内分泌(ホルモン)の知識が豊富な医師。甲状腺や低身長、肥満や子どもの糖尿病などについて詳しい。

 常勤医師の3名は、それぞれ特徴を持ち、子どもの様々な症状を見極め、対応することが可能になった。

より充実した診療体制で市民に安心を

 小児科には、様々な症状で外来を受診する患者が訪れる。同病院では、3人の常勤医師が診療にあたることはもちろん、必要が生じれば、最適な医療にスムーズにつなげることができる。

 山田部長は「小児医療は地域の重要な資源」と指摘する。「秦野というまちの活気につながる大切な役割。地域や行政はもとより、地元で開業する先生方とも協力し、より充実した診療体制を築いていきたい」と話す。

秦野赤十字病院 

秦野市立野台一丁目1番地

TEL:0463-81-3721

http://hadano-jrc.jp/

秦野版のピックアップ(PR)最新6

より身近でかかりやすい外来に

秦野赤十字病院 耳鼻咽喉科

より身近でかかりやすい外来に

増員で常勤医師が2名体制に

5月7日号

親子で参加「作ってあそぼう」

0歳からの育脳教室『くぼたのうけん』

親子で参加「作ってあそぼう」

5月のイベント案内

5月7日号

エンジョイ!地元でGW

エンジョイ!地元でGW

イオン秦野ショッピングセンター専門店街

4月30日号

キレイ長持ち ナノバブル水洗車

粒子の泡が車の汚れ剥がして落とす

キレイ長持ち ナノバブル水洗車

4月30日号

工場オーナーら関心

工場オーナーら関心

「システム建築」見学会で

4月30日号

国産時計買い取ります

査定・出張無料の買取わかば

国産時計買い取ります

セイコー/シチズンなど

4月30日号

中国料理「東光苑」

コロナに負けるなチャレンジメニュー!肉野菜あんかけ焼きそばメガ盛り完食で無料

https://www.grandhotel-kanachu.co.jp/tokoen/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

研ぎ出し技法の作品展

丹沢美術館

研ぎ出し技法の作品展

5月9日まで開催

5月6日~5月16日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter