秦野版 掲載号:2022年4月22日号 エリアトップへ

秦野市農業後継者クラブ「秦友会」の会長に就任した 高橋 勇太さん 西大竹在住 35歳

掲載号:2022年4月22日号

  • LINE
  • hatena

「美味しい」を届けたい

 ○…秦野の特産品・落花生の若手生産者。「若者の会として交流を大切にしていきたい。コロナ禍で積み重ねてきたものがとぎれてしまったが、皆で一つの物事に取り組んで、若手の結束を高めたい」と意気込む。昨年メインイベントであるデントコーン迷路はできなかったが、会員の畑を回って勉強会を行ったり、インスタグラムで活動を発信したりと工夫して活動を続けてきた。

 ○…南が丘小・中、伊志田高校を卒業後、北里大学獣医畜産学部生物生産環境学科へ進学。卒業後は害虫駆除の会社に就職したが、父が体調を崩し農業の手伝いのため退職。その後一時不動産会社に就職するも、父の体調が再び悪くなり農家を継ぐため、かながわ農業アカデミーで農業を学んだ。天気に左右される中で生産していく苦労を噛み締める一方、「自分の考えで、作業効率を考えて工夫してやっていけるところが面白さ」と農業の魅力を語る。生産者同士の情報交換会への参加や、他県の生産者を訪ねるなど勉強・検証を重ね、美味しい落花生の安定生産に努めている。

 ○…エッセイや自伝など読書も嗜む。「母が小6まで寝る前に本を読んでくれて、分厚い本も読み聞かせをしてくれて、本を読むことは良いことだと教えられた」と話す。今も週に1冊は本を読む。「本を読むことで、明日からの行動が変わります。考え方が変わって、生きるのが楽になる」とほほ笑んだ。

 ○…3歳の娘と妻の3人家族。日々変わる子どもの成長に心躍らせる毎日だ。将来はキッチンカーを始めるのが夢。移動販売で直接落花生を売ってみたいと声を弾ませた。「地域の特産物として、皆さんの熱意に自分も協力していきたい。美味しいものを届けたい」と思いが溢れた。

秦野版の人物風土記最新6

吉野 詩織さん

7月9日に「インハイ」を実施する学生団体E4の代表を務める

吉野 詩織さん

秦野総合高校3年 17歳

6月24日号

板倉 久士さん

丹沢で歩荷として山小屋に荷揚げを行う活動している

板倉 久士さん

YAMA CAFE(戸川)勤務 45歳

6月17日号

多田 敏子さん

丹沢アートフェスティヴァルのスタッフとして支えた

多田 敏子さん

河原町在住 50歳

6月10日号

山口 浩さん

今年5周年を迎える「ぱれっと・はだの」の業務執行理事を務める

山口 浩さん

沼代新町在住 60歳

6月3日号

岩渕 浩二さん

秦野警察署長に就任した

岩渕 浩二さん

秦野市在住 53歳

5月27日号

赤柴 芳明さん

市内施設等を回り演奏を披露する音楽ボランティア「コロポックル」の代表を務める

赤柴 芳明さん

東田原在住 77歳

5月20日号

子供達が健やかに成長できる未来

小田原市出身・在住 井上よしゆき

https://inoue-yoshiyuki.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook