青葉区版 掲載号:2017年3月9日号
  • googleplus
  • LINE

日本ジュニア室内陸上競技大阪大会の走幅跳で優勝した

小田(おだ) 大雅(たいが)さん

桐蔭学園高校3年 

陸上なら誰にも負けない

 ○…「自分自身の風切音が聞こえ、目には砂場が見えるだけ。一瞬、無重力になる不思議な感覚」。そんな気持ちの良さに魅せられ、ロングジャンパーになった。2月に行われた日本ジュニア室内陸上でベストとなる7m61を記録。高校最後に初めて全国優勝のタイトルを手にしたが、「もう少し自分は跳べると思っていた」と悔しさを露わにする。

 ○…秦野市在住。昔から外遊びが好きで、野球などにも興じたが、チームプレーよりも自分の楽しさを優先させてしまう性格。家族の勧めもあり、小学1年で姉が所属していた陸上クラブに入会した。当時「足の速さは普通か遅いくらい」。しかし走ったり、跳んだりが昔から大好きだった少年にとって、陸上競技はぴったりだった。夢中で競技に取り組む一方、内気な性格で自分に自信が持てず、小学校の時にいじめられた経験も。思い悩むこともあったが、父から「悔しいなら誰にも負けないものをつくれ」と言われ、「性格を変えてやろう」と一念発起。好きな陸上だったら誰にも負けない―。それが生きる上でも自信につながった。

 ○…「競技者である以前にパフォーマーとして自分を考えている」。走幅跳はスタンドの目の前で競技を行うため、ビッグジャンプをすれば観客が盛り上がってくれる。だからこそ失敗したジャンプは見せたくないと意地をのぞかせる。現在は「オリンピック育成競技者」にも指定され、将来を嘱望される1人でもある。目指すは一流のアスリート。まずは東京五輪を視野に練習に励む日々だ。

 ○…自称「陸上オタク」。食事中はずっと競技の動画を見て、授業中に考えていたのは練習内容。毎日陸上のことで頭がいっぱいだが、時には後輩とカラオケで発散することも。4月からは福岡大学に進学し、新天地での生活が始まる。憧れるのはマイク・パウエルやカール・ルイス。「幅跳びをやってみたいと思わせる選手に自分もなりたいですね」

関連記事powered by weblio


青葉区版の人物風土記最新6件

大滝 長孝さん(花伝亭 長太楼)

社会人落語家として地域で活躍する

大滝 長孝さん(花伝亭 長太楼)

10月19日号

坂脇 寛人さん

第9回BFA U-15アジア選手権で日本代表チームのコーチを務める

坂脇 寛人さん

10月12日号

川邊 優喜さん

「世界パズル選手権」日本代表の

川邊 優喜さん

10月5日号

松下 光一さん

もみの木台自治会長として10月1日の「もみの木フェスタ」を主催する

松下 光一さん

9月28日号

水野 恭一さん

(一社)横浜市医師会の新会長に就いた

水野 恭一さん

9月21日号

遠藤 ふき子さん

横浜あざみロータリークラブ新会長に就任した

遠藤 ふき子さん

9月14日号

青葉区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

漫画家のトークライブ

漫画家のトークライブ

「岡崎に捧ぐ」山本さほさん

11月25日~11月25日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク