南区版 掲載号:2017年9月7日号
  • googleplus
  • LINE

永田台小・永田中出身で夏の甲子園でベスト4入りした東海大菅生高校野球部の監督を務める若林 弘泰さん 51歳

「魂の野球」甲子園で輝く

 ○…3年連続決勝戦で敗れていた西東京大会を”4度目の正直”で制し、甲子園でも自慢の強打と投手力を発揮。チームを4強に導いた。躍進の理由は選手の「意識改革」。甲子園出場を目指すのではなく、”日本一”を目標に掲げ、全国を勝ち抜くという強い意志を日頃から選手に植え付けた。「不調な選手がいても全員でカバーした。チーム力がアップした」と輝きを放った教え子たちを称える。

 ○…茅ヶ崎市出身。子どもの頃に南区へ移り、永田台小に通った。小学3年で少年野球チーム「永田オックス」に入部。投手や捕手などで活躍し、区大会で準優勝したこともある。「自分の野球の原点」と振り返る。永田中を卒業し、東海大相模高へ。名将・原貢監督からは日頃の練習や試合、グラウンド整備の時にも気を抜かず、魂を込めて野球に徹するという心構えを教わった。「試合に勝たせたい、上手にさせたいという情熱が伝われば、選手がそれに応えてくれる」。現役時代に出会った指導者たちの「魂の野球」は、監督になった自分を支えている。

 ○…東海大、社会人野球を経てプロ入りし、中日で6年間プレー。引退後は運送会社などで勤務した。野球から離れていた頃、高校野球監督を務める先輩の存在を知って自らも「また野球に携わりたい」と思うように。30代後半で再び大学に通い、教員免許を取得。東海大菅生の教員になり、09年から監督に就いた。「『なりたい』と思うだけで行動を起こしていなかったら、現在の自分はない」。生徒には思いを形にする行動の大切さを伝えたいという。

 ○…子どもは息子が2人。現在は妻とあきる野市の学校近くで暮らす。専門は社会科。歴史の本が好きで、幕末の藩士・高杉晋作の「おもしろきこともなき世をおもしろく」という歌が心に残る。「すべてはやる気。やる気さえあれば不可能はない」。頂点を目指す強い情熱と意志を胸に、「魂の野球」を伝え続ける。

南区版の人物風土記最新6件

伊藤 千鶴子(ちづこ)さん

趣味で手まりを作り続け、海外での普及活動にも励む

伊藤 千鶴子(ちづこ)さん

11月16日号

並木 愼一さん

フェンシングの世界大会に出場し、ボランティア活動も積極的に行う

並木 愼一さん

11月9日号

川井 興一さん

11月25日に永田地域ケアプラザで地元の歴史について講演する

川井 興一さん

11月2日号

森 靖博(やすひろ)さん

趣味として絵を描き、水彩画や似顔絵などの作品を残している。

森 靖博(やすひろ)さん

10月26日号

酒井 佳子(よしこ)さん

「姉さま人形」など、千代紙人形の伝統を守るための活動を続ける

酒井 佳子(よしこ)さん

10月19日号

角田(かくた) 宜優(よしまさ)さん

硬式空手の全国大会で親子優勝を果たし、はまっこ道場の代表を務める

角田(かくた) 宜優(よしまさ)さん

10月12日号

ダビアスリビング弘明寺

神奈川こすもすのお葬式プラン 100人いれば、100通りのお葬式を

http://www.daviusliving.jp/hall/gumyouji/

<PR>

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

紅葉会が日本舞踊発表会

紅葉会が日本舞踊発表会

23日、南公会堂

11月23日~11月23日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク