保土ケ谷区版

2015年7月の記事一覧

  • 評判の「生活文化塾」

    シニア世代向け 楽しく学べる講座が満載 参加無料

    評判の「生活文化塾」

    今月は「イス座禅」と「葬儀後セミナー」、「終活」

     ラステル久保山で先月から始まったシニア向けの「生活文化塾」が好評だ。 参加無料で手軽に受講でき、シニア世代の暮らしに役立つものばかり。...(続きを読む)

  • 連携で詐欺防止

    連携で詐欺防止 社会

    金融機関と警察が協力

     区内4つの金融機関(横浜銀行、城南信用金庫、ビジネスパーク内郵便局、桜丘郵便局)に7月24日、8件の詐欺(被害総額2600万円)を防止したとして、保土ケ谷警察...(続きを読む)

  • タイムカプセル開封

    川島小

    タイムカプセル開封 教育

    10年前の自分に会う

     今年創立140周年を迎える川島小学校(藤井芳樹校長)で7月25日、タイムカプセルの開封式が行われた。創立130周年の際に当時の生徒たちが「10年後の自分へ手紙...(続きを読む)

  • 「歌舞伎やってみない」

    天王町商店街

    「歌舞伎やってみない」 文化

    児童対象に参加者募集

     天王町商店街協同組合が11月21日(土)に公演する「保土ケ谷こども歌舞伎」への参加者を募集している。小学2年生から6年生が対象で性別、経験不問。8月末から11...(続きを読む)

  • 「体験」で防災意識高める

    「体験」で防災意識高める 社会

    和田西部町内会

     和田西部町内会(宇佐美勝彦会長)がこのほど、防災フェアを開き地域住民らが有事の際の対応策などを学んだ。訓練よりも身近な形で住民に防災を意識してもらおうという取...(続きを読む)

  • がん患者の就労支援強化

    横浜市

    がん患者の就労支援強化 社会

    市民病院内に相談窓口

     横浜市は、市立市民病院がん相談支援センター=保土ケ谷区=にがん患者とその家族を対象とした就労支援相談窓口を7月から開設した。がんに罹患しても働き続けたい希望を...(続きを読む)

  • 林宝 秀行さん

    横浜たちばなライオンズクラブの会長に就いた

    林宝 秀行さん

    西谷町在勤 50歳

    柔和さの中に持つ気概 ○…「前例を踏襲するだけではなく、今までとは違った道筋を示すことができれば」。取材冒頭、34代目の会...(続きを読む)

  • ゲスト走者5人が会見

    横浜マラソン

    ゲスト走者5人が会見 スポーツ

    不足距離は補正

     第2回目となる「横浜マラソン2016」の発表記者会見がこのほど、横浜市内で行われた。会見には横浜マラソン組織委員会の山口宏会長をはじめ、1回目に引き続き出走予...(続きを読む)

  • 清風生が教師役

    清風生が教師役 教育

    橘中で非行防止教室

     横浜清風高校インターアクトクラブの生徒が7月14日、橘中学校を訪れ「非行防止教室」を開催した。 夏休みを控えた3年生を前にパワーポイン...(続きを読む)

  • 神福協ら、青少年育成に協力

    神福協ら、青少年育成に協力

    県へファイル2万枚

     神奈川福祉事業協会(伊坂重憲会長)と県遊技場協同組合(同理事長)は7月6日、県青少年保護育成条例の啓発用としてクリアファイル2万2500枚を県へ寄贈した=写真...(続きを読む)

最近よく読まれている記事

佐藤 郁実さん

サザンオールスターズ等のバックダンサーとして活躍する

佐藤 郁実さん

3月10日号

「頂点を目指し続けた」

12年ぶり全米大会出場へ

大久保 隆一郎さん

青森山田高サッカー部でGKコーチを務める

大久保 隆一郎さん

3月4日号

世界第2位の快挙

萩園在住山岸さん

世界第2位の快挙 社会

3月3日号

18年度末までに延伸判断

ブルーライン

18年度末までに延伸判断 社会

3月9日号

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年3月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/