神奈川区版 掲載号:2012年6月28日号

ブラインドサッカー

全国大会で準優勝

盲学校OBらが快挙

結成1年半で全国2位の快挙を遂げたブエンカンビオ(写真=日本ブラインドサッカー協会提供)
結成1年半で全国2位の快挙を遂げたブエンカンビオ(写真=日本ブラインドサッカー協会提供)

 松見町にある横浜市立盲特別支援学校を練習拠点に活動するブエンカンビオが、6月9日・10日に東京都・味の素スタジアムで行われた「第11回日本ブラインドサッカー選手権B1大会」で、初出場ながら準優勝を果たした。

 結成から1年半。初出場で準優勝したブエンカンビオは、横浜市立盲特別支援学校=神奈川区松見町=がホームグラウンド。目の自由・不自由関係なく19歳から34歳まで、マネージャーなどを含めた19人が活動している。港北区出身のチーム代表・落合啓士さん(34)が大阪のチームでプレーしたのち、横浜に戻ってきた際に「横浜にチームを作ってほしい」と協会から打診され、2010年12月に結成。母校を練習拠点に選び、月2〜3回日曜日に練習に取り組む。

 今大会は、北は仙台から南は福岡まで全12チームが争った。同チームは予選グループAを1位通過。準決勝も快勝し、決勝で優勝候補たまハッサーズ(東京)と対戦した。「開始早々ゴールされて負けてしまったが、周りにダークホースと言われるほどアピールできた」と、今後のさらなる飛躍に意欲を見せている。同チームは、ベストゴールキーパーと大会MIPで1人ずつ表彰された。

 現在はイベントの出演依頼が殺到。「みんなに愛され、横浜に貢献できるチーム」を目指しており、8月末から始まるリーグ戦での活躍に期待が集まる。

 ブラインドサッカーはパラリンピックや国際大会など世界中でプレーされている、目の自由・不自由に関わらず参加できるフットサル。4人のフィールドプレーヤーとゴールキーパー、コーチ、攻撃相手側で仲間のプレーヤーのガイドをするコーラーの7人で戦う。キーパー以外のフィールドプレーヤーはアイマスクを着用、鈴の入ったボールを使うなど、独特のルールを持っている。


 

神奈川区版のトップニュース最新6件

刷新3年遅れ、費用3倍に

横浜市ホームページ

刷新3年遅れ、費用3倍に

1月19日号

大口台小が優秀校に

全国健康づくり推進学校表彰

大口台小が優秀校に

1月19日号

長島氏が出馬を表明

横浜市長選

長島氏が出馬を表明

1月12日号

区制90周年ロゴ決定

観光ツアー  1000通り準備

黒岩知事インタビュー

観光ツアー 1000通り準備

1月5日号

つながり育む区政を

関連記事(ベータ版)

神奈川区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

25日に緑道フェスタ

25日に緑道フェスタ

トンネルで竹灯籠

11月25日~11月25日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月23日号

お問い合わせ

外部リンク