中原区版 掲載号:2011年10月28日号

(PR)

「なかなか止まらない咳」アレルギーや咳喘息、マイコプラズマの可能性

取材協力/すずき耳鼻咽喉科クリニック〈いびきのご相談〉

鈴木敏幸院長
鈴木敏幸院長

 風邪ではないのに「咳症状が治まらない」という場合は、ハウスダスト・花粉などのアレルギーや咳喘息、マイコプラズマが考えられるという。『すずき耳鼻咽喉科クリニック〈いびきのご相談〉』に取材した。

 アレルギーというと「くしゃみ」や「鼻水」のイメージが多いが、「咳」症状を引き起こすことも多くあるとのこと。秋の花粉症などで鼻閉が続いていると口呼吸になり、のどが乾燥することで咳をおこしやすくなる。

 『アレルギー性咽喉頭炎』とも言われており、最近増えている症状だという。微熱を伴うこともあり、慢性咽喉頭炎に移行してしまう場合も考えられる。鈴木院長は「アレルギー物質の刺激により鼻炎が合併することもあります。その鼻水が喉に落ちることで症状が出ることもあるため、喉と鼻を一緒に対策することが重要」と話している。

 この場合は腫れた鼻粘膜を収縮させるラジオ波治療で対応。鼻が詰まった状態でも治療でき6歳位から可能(個人差あり)。治療そのものは2分程度で同院は1000例以上の実績がある。春の花粉症対策として今の時季から受診している人も多い。保険適用で片鼻2700円。

咳喘息やマイコプラズマ

 風邪症状の後に咳だけが何日も残る場合は咳喘息が考えられるという。喘息の前段階と言われており、放置すると約30%の人が喘息に移行する可能性もある女性に多い傾向があり、再発を繰り返すことも特徴という。「室内外の温度差や受動喫煙、ハウスダストなども発作の要因になります。のどにイガイガ感を伴うこともあります。患者数は年々増加しており、ひどい場合は咳が一年以上続くことも。吸入ステロイド薬で治療します」と鈴木院長。

 マイコプラズマは長引く咳と発熱が特徴で、治療しないと肺炎になることがあるという。初期症状が風邪と似ており、潜伏期間は2〜3週間。主に飛沫感染で起こり、学校や職場など一定数以上が集まる場所で広まることがある。

 いずれにせよ「咳症状の原因は多数考えられます。風邪の後遺症として長引くことがありますが、咳止めなどを飲んでも治まらない場合は原因を把握することが必要です」とのこと。

睡眠時無呼吸症候群検査

 先日、SAS広報委員会が既婚女性1000人を対象に「イビキ」の調査を実施。その結果、約8割の夫がほぼ毎日イビキをかき、約7割が注意をしていたという。しかし、医療機関での受診や対策を促したことが「全くない」のは、66%に上ったとのこと。

 「イビキは睡眠時無呼吸症候群の一番のシグナル。この病気は本人には自覚がなく、家族や友人から指摘されて気づくことがほとんど。高血圧や脳卒中・脳梗塞、心筋梗塞を起こす危険性は3〜4倍になり、メタボリックシンドロームや糖尿病との関連もあります。睡眠中の酸欠状態が血液をドロドロにし、細い血管が詰まりやすくなります。昼間の眠気が仕事に支障をきたし、居眠り運転による交通事故の原因となることも。この病気を診断されたドライバーの約40%が居眠り運転を経験しているといいます」と鈴木院長。

検査は夜来院で朝帰宅

 日本人のイビキ人口は約2000万人、無呼吸症候群の患者数は約300万人と推測され、30代以降の男性に多い傾向がある。検査は夜11時頃に来院して(応相談)、翌朝4〜7時に帰ることができ、仕事や家庭への負担も少ないという。

インフルエンザ予防接種

 インフルエンザの予防接種が始まっており、同院でも受け付けている。子ども(13歳未満)2000円、大人3000円で接種をしている。予約なしで可能とのこと。「本格的な流行前の12月中旬までに接種することが望ましいです。3〜4週間で効果があらわれます。13歳未満の子どもは2回接種を推奨しています」と院長。

パソコンで受付・確認が可能

 「iTICKET」を導入しており、携帯電話やパソコンから受付・待ち時間の確認が可能(再診のみ)。会計の待ち時間がほとんどない電子カルテも採用している。
 

すずき耳鼻咽喉科クリニック いびきのご相談

川崎市中原区井田1-36-3(メディパーク川崎井田2F)

TEL:044-272-8402

http://www.suzuki-jibi.jp/

中原区版のピックアップ(PR)最新6件

関連記事(ベータ版)

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク