麻生区版 掲載号:2017年4月7日号
  • googleplus
  • LINE

4月からスタートした柿生地区総合型地域スポーツクラブ「GET」の代表を務める林(はやし) 建(たてる)さん上麻生在住 42歳

集まる仲間と地域をけん引

 ○…元気、笑顔、楽しい、3つのキーワードの頭文字で「GET」。年齢に関係なく様々な世代がアトラクションに参加できる「総合型地域スポーツクラブ」が区内で3番目に新設され、代表に就いた。「この地域で必要とされる存在にしていきたい。スポーツや文化活動で何かに参加しようと思った時にGETがふと浮かぶように活動していきたい」。

 〇…地域住民が主体となる団体として立ち上げ準備から3年。当時、拠点となる柿生小学校の施設開放委員長だったことがきっかけで活動に参画した。「クラブとは言いますが、運動する施設がある訳でもない『総合型地域スポーツクラブ』のことを学んでいくと、スポーツだけでなくカルチャーの教室、キャンプなどの体験教室だって実施OKだと。可能性を探っていったら地元に根付いた活動が出来ることが分かった」。自他ともに認める”柿生を盛り上げるお祭り男”としての歯車がかみ合った。昨年7月からPTAや友人など、地元活性という同じ志の仲間に呼びかけ4月の設立にこぎつけた。

 〇…自然があり新ゆりや町田にも近い上麻生で駆け回って育った少年時代は「優等生も不良も友達はその頃から多かった。言えない思い出も一杯あります」と笑う。寂しがり屋の裏返しだという、仲間を大事にする気持ちは今も同じ。自宅でのホームパーティ、外出先での飲み会はいつも賑やかだ。「家族の理解、手を差し伸べてくれる地元の人たち、どちらにも感謝です」

 〇…住宅や店舗から家具作りなど、デザインに施工、制作管理まで請け負う(株)ウェイの代表取締役。「人が喜ぶことやものを作り出すという根本は仕事もクラブも同じ。自分たちが楽しまないと参加する人は楽しめないと思うので、運営など大変だと思いますがそれは気持ちでカバーします」。名前の通り「囃し立てる」存在として、仲間と共に新たな受け皿で地元を盛り上げていく。

麻生区版の人物風土記最新6件

西野 弘二さん

川崎市麻生スポーツセンターの館長を先月から務める

西野 弘二さん

11月17日号

鈴木 文治さん

ラゾーナ川崎で開催される、障害者とアートに関するシンポジウムで基調講演を行う

鈴木 文治さん

11月10日号

大矢 紀さん

川崎市市民ミュージアムで3日から作品展「大地の輝きを描く」を開催する

大矢 紀さん

11月3日号

下村 弘孝さん

全日本還暦軟式野球選手権大会で2連覇した「川崎ドリーム」の代表を務める

下村 弘孝さん

10月27日号

山口 直子さん

第59次南極地域観測隊の夏隊に、教員枠で同行する

山口 直子さん

10月20日号

高桑 光雄さん

川崎フロンターレ麻生アシストクラブの新会長に就任した

高桑 光雄さん

10月13日号

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談ください。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

麻生区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健康フェスタで多世代交流

健康フェスタで多世代交流

11月26日 あいクリニック平尾

11月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク