麻生区版 掲載号:2017年7月7日号
  • googleplus
  • LINE

硬式少年野球麻生ボーイズ県代表に一歩届かず決定戦で惜敗も「成長」

スポーツ

横浜スタジアムで県代表決定戦に臨んだ麻生ボーイズの選手ら
横浜スタジアムで県代表決定戦に臨んだ麻生ボーイズの選手ら
 麻生区の中学生を中心とした硬式少年野球チーム「麻生ボーイズ」が2日、神奈川県内で2チームに与えられる全国大会への切符をかけ、横浜スタジアムで第48回日本少年野球選手権大会県支部予選Aブロックの代表決定戦(対湘南ボーイズ)に臨んだ。結果は2対5で敗れ、県代表に一歩届かなかったが、奥村剛監督は「全国大会でも優勝するような強豪の湘南ボーイズとしっかりと戦うことができ、成長を感じた」と語る。

雪辱の再戦

 県内33チームが出場するトーナメントを勝ち上がってきたベスト4で代表2枠をかけ行われた決定戦。麻生ボーイズにとっては、今年春の大会でも敗れ、リベンジを誓った相手・湘南ボーイズとの「再戦」という意味合いもあった。

 勝負の一戦は中盤から点の取り合いに。しかし、麻生は4回に一挙3点を許し、その後反撃するも及ばなかった。奥村監督は「昨年に続き代表決定戦で敗れ、残念な結果ではあったが、いいプレーも多かった」と、力の差を感じさせない戦いぶりに、ナインを讃える。「横浜スタジアムというすばらしい環境で、多くの応援もある中試合をできたことが、いい経験となった」と振り返る。

 試合後、奥村監督は選手たちに向け、「野球の道はまだスタートしたばかり。(特に3年生は)この悔しさを高校にもっていき、勝負の世界で頑張ってほしい」と話した。

 8月2日から行われる選手権大会本大会には、県内から湘南ボーイズと横浜南ボーイズが出場する。

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談ください。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

麻生区版のローカルニュース最新6件

「それでも描きたい」

市民ミュージアム

「それでも描きたい」

11月17日号

今年も冬の煌めき始まる

ニック 通算2千得点

サンダース

ニック 通算2千得点

11月17日号

障害者輝くアートの世界へ

宝石イルミでスケート

自然の恵みで収穫祭

麻生区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絵画作品90点を展示

絵画作品90点を展示

エルミロードで13日から

11月13日~11月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第111回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(1)石造物〜庚申塔 前編

    11月10日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク