麻生区版 掲載号:2017年10月13日号
  • googleplus
  • LINE

川崎フロンターレ麻生アシストクラブの新会長に就任した 高桑 光雄さん 下麻生在住 69歳

情熱をフロンターレと地域へ

 ○…サッカーJ1・川崎フロンターレを地域からサポートしていこうと企業や有志らで組織する「川崎フロンターレ麻生アシストクラブ」3代目会長に先ごろ就任した。市内7区で唯一となる区単位でのアシストクラブとして、シーズン開幕前の激励会や試合のバスツアー、麻生グラウンドなどでの交流イベントを開催している。「前会長を含め、一生懸命に活動しているメンバーの思いを引き継いだ活動をしていきたい」と意気込みを語る。

 〇…下麻生で柿やイチゴを栽培する農家の長男。丘陵地だった地元を駆け回った少年時代を「カブトムシなんて当たり前。栗やキノコを採ったり、今でも目を閉じればどこに何があったか思い出せるよ」と懐かしむ。大学卒業後は川崎市多摩農協に就職し渉外や企画、金融部門などを担当。1997年のJAセレサ川崎の発足も経験し、「農協改革の真っただ中の時期に働いてきたから大変な思いもしたけど、今では本当に良い思い出です」。07年にJAセレサ代表理事組合長、14年からはJA神奈川県中央会・連合会の会長といった要職も歴任してきた。

 〇…両組織で顧問の肩書は残るが「今は一区切りついたタイミング。息子の農業を手伝いながら自分が何をしていくべきか思案中です。20代の頃やっていた磯釣りなんて元気な時しかできないからまた始めたいね」。また「地元への恩返し」として、戦後農業の移り変わりを次代に残していくための資料集めなど、育った地域への関心も高い。

 〇…川崎市にひとつのプロサッカーチームを市北西部から支援していく団体として、地域とチームの交流やアシストクラブのPRなど進めていく。その活動の全ては「フロンターレと地元への思い」から。芸術や文化のまちとして認知されることも多い麻生区で「スポーツの分野でも頑張っていることを多くの方に知ってもらいたいです」と静かに情熱を傾ける。

麻生区版の人物風土記最新6件

宮田 良亮さん

岡上分館で16日、地域活性と交流の催し「パーマネントライフを語ろう!」を開催する

宮田 良亮さん

12月15日号

細沼 凌史さん

「第21回岡本太郎現代芸術賞」で先月、入選を果たした

細沼 凌史さん

12月8日号

廣嶋 一康さん

あさお和凧の会会長として、和凧づくりで地域の世代間交流を行っている

廣嶋 一康さん

12月1日号

高橋 礼さん

専修大学野球部のエース右腕で、福岡ソフトバンクから2位指名を受けた

高橋 礼さん

11月24日号

西野 弘二さん

川崎市麻生スポーツセンターの館長を先月から務める

西野 弘二さん

11月17日号

鈴木 文治さん

ラゾーナ川崎で開催される、障害者とアートに関するシンポジウムで基調講演を行う

鈴木 文治さん

11月10日号

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

スタンプ集め福引き挑戦

百合丘中央商店会

スタンプ集め福引き挑戦

抽選は23、24日

12月1日~12月24日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第114回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(2)石造物〜地神塔 後編

    12月15日号

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第113回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(2)石造物〜地神塔 前編

    12月8日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

お問い合わせ

外部リンク