さがみはら中央区版 掲載号:2017年11月9日号
  • googleplus
  • LINE

「シカの角」不思議に迫る麻布大いのちの博物館で

文化

展示予定のシカの模型と頭部標本の一部
展示予定のシカの模型と頭部標本の一部
 麻布大学が地域に向け開放する教育・研究機関「麻布大学いのちの博物館」では、10月31日から新たな企画展示「シカの角のふしぎ」を開催している。

 前回、好評を得た「フクロウ」に続く新たな企画展のテーマは、古来、温帯を中心に世界中に生息してきた「シカ」。日本にはニホンジカが生息しており、大正時代から昭和中期までに減少、一時は絶滅が懸念される県もあったが、近年ではその個体数が増加。農業被害や自然植生への影響も問題視されている。今回の企画展では、そんなシカについて、世界中の頭骨標本や模型を展示、その生態系を解説しながら保全のあり方などについて迫る。

 展示期間は来年1月27日までを予定。午前10時から午後4時開館(月・日・祝は休館)。問合せは同館【電話】042・850・2520へ。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク