八王子版 掲載号:2017年1月12日号
  • googleplus
  • LINE

市内実業団チームアンカー奮闘ニューイヤー駅伝

スポーツ

 八王子に拠点を置くコニカミノルタ陸上競技部(石川町)とJR東日本ランニングチーム(旭町)は元日、群馬県で行われた「ニューイヤー駅伝」(全日本実業団対抗駅伝競走大会・7区間全37チーム)に出場し、コニカミノルタは5位入賞、JR東日本は18位に入った。

 昨年の同大会で2位だったコニカミノルタは1区28位と出遅れたものの、3区菊地賢人選手の好走などで盛り返し、最終区の野口拓也選手=下写真=が区間賞の走りで2人を抜き去り5位入賞を決めた。「野口が強気の走りを見せてくれた。次こそは八王子の皆様の期待に応え、優勝します」と同部磯松大輔監督。

 一方、過半数のチームが外国人選手を採用しているなか、「純和製チーム」として出場したJR東日本はメンバー一人ひとりが大きく崩れることなく、確実にたすきをリレー。最終区には、学生時代の箱根駅伝最終区でコースを間違えながらも母校の翌年のシード権を守ったことで評判となった寺田夏生選手=上写真=が出走。今回はコースを間違えない「大人の走り」で、4チームによる順位争いを制した。「応援してくれた八王子の皆様のおかげで選手一人ひとりが頑張り、昨年の29位から躍進できた」とJR東日本の深山英樹監督は笑顔。

 同社八王子支社広報課で寺田選手と机を並べる畠澤民さんは「普段は物静かなのに、人がかわったような闘争心あふれる走りを見せてくれた」と寺田選手の好走をたたえている。

八王子版のローカルニュース最新6件

国際大会15位も「収穫有り」

鑓水式場、色づき

鑓水式場、色づき

11月16日号

ボウリングで地域交流

体育協会

ボウリングで地域交流

11月16日号

清流復活米で味わう

湯殿川の米販売へ

清流復活米で味わう

11月16日号

市内でも「新型」登場

着物寄付して被災地支援

八王子版の関連リンク

あっとほーむデスク

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

18日、30日も酉の市

市守・大鳥神社

18日、30日も酉の市

11月18日~11月18日

八王子版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク