大和版 掲載号:2017年8月4日号
  • googleplus
  • LINE

独占取材

獅童さん「シリウス公演楽しみ」 文化

舞台復帰直後の11月3日、開館1周年記念で

復帰を発表し笑顔の中村獅童さん(7月28日、都内)
復帰を発表し笑顔の中村獅童さん(7月28日、都内)
 今年5月に初期の肺腺がんだと発表し療養していた歌舞伎俳優の中村獅童さんが7月28日、都内で行われた11月の「松竹大歌舞伎」製作発表会見で、この巡業公演での復帰を発表した。獅童さんは「休みの間、気付くと芝居のことを考えていた。僕には芝居しかない」と復帰への思いを語った。

*  *  *

 11月の松竹大歌舞伎は1日の新潟を皮切りに全国20カ所で行われ、3日(金・祝)には市文化創造拠点シリウスの開館1周年記念ステージとして上演される。そこで本紙では獅童さんに単独インタビューを行った。

――今回の役どころは

 「『義経千本桜 すし屋』で『いがみの権太』を初役で務めます。念願の大役。『獅童らしい権太』を細かく時間をかけて作り上げたい」

――シリウスの印象は

 「(案内を見て)大和にこのような所があるとは知らなかった。きれいで驚いた」

――来館者は200万人を超え、日々芸術文化に関する企画が催される人気施設。その1周年記念となる

 「大和には表現に熱い思いを持った方が多くいるのですね。歌舞伎にどう反応するのか楽しみ。1歳のお誕生日にやらせていただけるのもとても嬉しい」

――大和市民に向けて一言

 「大和での公演が今から楽しみ。お年寄りなど、遠くまで来られない方にも、生の感動を味わってほしい」

 復帰にかける思いを一言一言に込めた獅童さん。これまで歌舞伎が上演できる舞台がなかった大和の地で、新たな歴史が華々しく刻まれようとしている。

関連記事powered by weblio


大和版のローカルニュース最新6件

全国のうまいものに舌鼓

オシゴトにチャレンジ

小学生以下対象

オシゴトにチャレンジ

10月13日号

走り支える「食」とは

子どもが描く「世界」

伊能忠敬も通過した鶴間

第8回古木家文書勉強会

伊能忠敬も通過した鶴間

10月13日号

期日前投票始まる

期日前投票始まる

10月13日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

画家はなぜ長生きか

第19回美術講演会

画家はなぜ長生きか

10月19日(木)シリウス1階

10月19日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク