海老名版 掲載号:2017年4月21日号
  • googleplus
  • LINE

山への想いを作品に

文化

市外からも多数来場

展示会を企画した尾崎さん夫妻
展示会を企画した尾崎さん夫妻
 「刺しゅうときり絵のコラボ 山を3倍楽しむ2人展」が、4月7日から1週間にわたって海老名市民ギャラリーで開催された。

 この展示会は、伊勢原市在住の尾崎悦弘さん・悦子さん夫妻が「山岳への想い」「山に咲く花への慈しみ」を込め企画したもの。夫妻で山登りをした際に風景や高山植物を写真に収め、その写真をもとに悦弘さんはきり絵、悦子さんはクロスステッチ刺繍作品に仕上げた。同会場での開催は3回目。

 デンマーク刺繍教室に通っていた悦子さんが、クロスステッチ刺繍に転向したのは約20年前。「型どおりではない、オリジナルの原画を使って作品を作ってみたら」という夫の言葉がきっかけだった。その後きり絵を始めた悦弘さんとともに作品づくりに没頭し、真夜中近くまで制作に励むことも。「根気がいりますが、好きだから続けられるんですよね」と夫妻。

 期間中は大和や綾瀬など市外からも多くの人が来場。会場には新作14作品を含む50点が展示されたほか、刺繍制作のデモンストレーションも披露された。訪れた人たちは「いいものを見せてもらいました」と口々に話していた。

 ※前号で開催期間終了後に誤って掲載してしまいました。関係者並びに読者の皆様にご迷惑をお掛けしたことをお詫びいたします。

関連記事powered by weblio


好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

海老名版のローカルニュース最新6件

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

50回目の市民文化祭

50回目の市民文化祭

総勢1000人が参加

10月19日~11月5日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク