厚木版 掲載号:2017年4月21日号
  • googleplus
  • LINE

新しい価値の提案 かながわ民進党 さとう 知一(47歳)

県議会とは?

 県議会は「県予算、条例、重要な契約等」を決める場です。決定後の執行を監視統制、知事提案で足りない部分は議員立法で提案し、修正します。「議会の決定内容を県民に逐次報告し、意見を求め、さらに要望を集約する」という役割が、地方議会の本務です。

地域力向上へ

 神奈川県内各地で繁華街を歩いてみると、東京都と随分差があるなと以前より強く感じる様になりました。

 シャッター街が増加して、地域の特色が無くなる一方、建物や道路インフラ整備に差があり、昭和のイメージが残る古い街という印象のエリアも増えています。

 一方で、自治体の財政はどこも厳しく、新たな手法や方策を見いださなければ、社会保障を十分守るだけの予算を確保できません。

提案も次々実現

 私は「常に新しい価値を提供する存在でありたい」と考え、議会発言・提言も常に一貫しています。

 実際にクレディセゾン等、民間企業と神奈川県を繋ぎ新しい行政のあり方を提案し、実現して参りました。

 永久不滅ポイントの寄付活用、海外からクレジットカード寄付の仕組みを創り、県立動物保護センター等の建替えに活用するアイデアは、佐藤知一の発案です。

東京五輪とW杯

 私は2020年東京五輪とラグビーW杯を所管する特別委員会の委員として、課題に取組んで参りました。

 神奈川県は県内全市町村と連携し、全国に先駆けて事前キャンプ誘致等委員会を組織し、事前キャンプの誘致に取組んでいます。

 今年度は更に頑張ります。

民進党県会議員 さとう知一

厚木市寿町1-2-3-101佐藤知一事務所

TEL:070-6407-3910

http://sato-tomokazu.com/

厚木版の意見広告・議会報告最新6件

厚木版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絵筆に込める「生」の輝き

絵筆に込める「生」の輝き

赤瀬陽久さんの作品展示

12月3日~12月15日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク