厚木版 掲載号:2017年5月19日号
  • googleplus
  • LINE

活動報告No.221 厚木をもっと面白く かながわ民進党 さとう 知一(47歳)

 1970年代の厚木市。この時代を特徴づけたのは「変化」でした。若い世代の台頭、教育、町づくり、皆が驚くほどのスピードでアイデアが形になりました。

厚木生れ厚木育ち

 当時、厚木の中心市街地には、県下最大の「花街」があり、私はそこで生まれ育ちました。私の住居には多くの芸者衆や調理師が、住込みで働いていました。知的障害を持つ叔母も同居し、私は多くの大人たちに囲まれ、育てられました。

 障害を持つ叔母も地域に見守られ、ごく普通に働く環境で、私は育ちました。

シガラミ無し

 私は、世襲の政治家でもなければ、官僚や公務員の出身でもありません。

 それでも「奇をてらわず、愚直に政策課題と向き合う」ことを心がけてきました。

 政官業癒着の原因となる企業献金等を一切受けず、その受け皿となる政治資金パーティーも一度も開かず、政治活動を続けてきました。

 依存と分配の政治から、「自立と創造の町づくり」に変えるには、シガラミを切らなければなりません。

かながわ民進党 さとう知一

厚木市寿町1-2-3-101佐藤知一事務所

TEL:070-6407-3910

http://sato-tomokazu.com/

厚木版の意見広告・議会報告最新6件

まちの在り方を考える

活動報告No.236

まちの在り方を考える

12月1日号

宮ヶ瀬ダムのブランド化を提言

活動報告

宮ヶ瀬ダムのブランド化を提言

11月24日号

東京五輪・ラグビーW杯

活動報告No.235

東京五輪・ラグビーW杯

11月17日号

武蔵野市長選挙を応援

活動報告No.234

武蔵野市長選挙を応援

11月3日号

真の障がい者理解促進をめざして

交付手数料を無料に

意見広告

交付手数料を無料に

10月27日号

厚木版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絵筆に込める「生」の輝き

絵筆に込める「生」の輝き

赤瀬陽久さんの作品展示

12月3日~12月15日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク